ミュージカル『ジキル&ハイド』2007.04.20マチネ

初演・再演・再々演・・・と観続けてきた『ジキル&ハイド』。今回は鹿賀さんがファイナルということだったのですが、作品そのものまでもが”封印”されてしまうとは知りませんでした。うーーん、非常に残念です。楽曲もストーリーもキャストも本当に最高級レベルだっただけに、これでしばらく観れなくなってしまうというのはなんとも勿体ない・・・。作品自体もファイナルだということを知らなかったので1枚しか確保してなかったのですが、つい先日急遽1枚追加したんですよね。今から思えば追加して本当に良かった…。でもそのことを念頭に次回観る時はウルウル度が増してしまうんだろうなぁ。

今回は主要キャストが微妙に変更されてます。特に初演からずっと参加してきた石川禅さんと林アキラさんが抜けているのは寂しい。お二人とも日生のすぐ近くにある帝劇でお芝居の真っ只中なんですよね。本当はこのファイナルに参加したかっただろうに・・・。パンフにも「ジキハイ」への愛がひしひしと感じられるようなコメントを寄せておられます。でも、初めて舞台を観ることができる!と喜んでいる禅ちゃんのコメントに思わず笑ってしまいました(笑)。ファイナルにしてついに始めて観劇できるんだから、ある意味幸せだよなぁ。

ちなみに、この日は終演後にトークショーがありました。私は知らなかったんです、休憩時間までは(爆)。お昼をロビーで取っているとなにやらアンケート募集していて・・・そこで初めて知ったんですよね。チェック不足だったぁ。

で、そこに質問書くところがあったので・・・

「ジキル博士の薬は本当に塩味がするんですか?」

というくだらない質問書いてしまいました(笑)。

ところが、この日のトーク参加者がマルシアさん、浜畑さん、戸井さんだったためにこの質問は当然ながらボツ(爆)。謎のまま封印されてしまうようです(笑)。

演出の山田さんが司会でマルシアさんたちがトークしていくのですが、舞台本編での熱気とは違った実に和やかでホンワカした感じでございましたよ。マルシアは相変わらずの口調で会場からは笑いが漏れていたし、浜畑さんは意外とオチャメでお話が楽しかったし、戸井さんは新入りということもあってか(?)二人にイジられてタジタジだったし(笑)。

面白かったのは戸井さんがものすごい汗っかきだってことをマルシアが暴露してたことかな。だって戸井さん、タオル巻いた手でマイク持ってるくらいなんですもん(笑)。クライマックスでマルシアが戸井さんに肩を捕まれるシーンでは、ものすごい手がビショビショで毎回ビビッてるらしいですよ(汗)。しかも、この日はそのシーンで帽子を勢い余って落としてしまったミスも突かれて戸井さん、終始小さくなっておられました(笑)。
でも、「オチャメ+マジメ」で素晴らしいと二人から絶賛されてましたね、戸井さんのアターソン。

以下、キャスト別に思ったことなどネタバレ含んで少々・・・。

スポンサーリンク

全体についてですが、とても完成度が高くなったなぁというのが第一印象。初演、再演、再々演と繰り返していくなかで本当に成長した作品なんだと思います。キャストの皆さんもなんだか良い具合に力が抜けていて余裕が感じられるため、いつもよりもスケールの大きさみたいなものがありました。

それにやっぱり楽曲が素晴らしい!!「嘘の仮面」「連れてきて」「時が来た」「事件事件」といった激しい楽曲は思いっきり胸をえぐられるような迫力がある。聞いていて本当にゾクゾクするし、自然に身体が乗って動いてしまいそうになります(汗)。
さらに素晴らしいのがバラード!「ありのままの」「あんな人が」「その目に」「新たな生活」など、ジーーンとくるようなものが目白押しです。中でもルーシーとエマによる「その目に」とルーシーの「新たな生活」は特に大好きなナンバーで、その旋律を聴くだけで涙が溢れてしまいます。今回は特に洗練されていて本当に感動的でした。

以下、キャストの方について少々。

●鹿賀丈史さん(ジキル、ハイド)

本当にファイナルにしちゃうんですか?勿体ない!初演の頃はハイドに力が入りすぎていて言葉が聞き取りづらかったんですが、再演ではキッチリそこを修正してきて「さすが!」と唸ったのが忘れられません。それから回を重ねるに連れてどんどんジキルとハイドの二面性を明確に熱く演じられてきて・・・本当に素晴らしかったなぁ。歌の迫力もすごかったし。今回はさらに深みの増した演技と歌で魅了してくださいました。あと1回、心して観ます!!

●マルシアさん(ルーシー)

彼女はこのミュージカルと出会って本当に幸せだったと思う。辛い時期もこの作品と出会えたからこそ乗り越えられたのでは。それだけに彼女の演じるルーシーは毎回毎回魂がこもっていて本当に素晴らしかったです。今回は特にいい具合に力が抜けていて、ルーシーの「可愛さ」がより深く表現されていたのが印象的でした。歌声もまだまだ迫力満点だし、彼女のルーシーも封印されてしまうんだなぁと思うと寂しいですね。

●鈴木蘭々ちゃん(エマ)

再々演の時は「急遽」という形で決まってしまったのでなんとなく存在が薄いなぁといった感じだったのですが、今回はとっても魅力的なエマを演じてくれました!立ち居振る舞いがとにかく目を見張るほど美しくてビックリ!!いや~、蘭々チャン・・・すごい美人でしたよぉ!歌も前回よりハリが出てきてて、マルシアとのデュエットでもほぼ対等に歌えていたような気がします。次回も楽しみ!

●戸井勝海さん(アターソン)

主要キャストの中で唯一新たにキャスティングされた戸井さん。考えてみれば、アターソンって初演、再演、再々演・・・と全員違う人が演じているんですよね。私は全アターソンを制覇できたというわけか(笑)。で、新人の戸井アターソンですが・・・まるで初演から参加しているかのような余裕ある演技!さすがです!!切味鋭く、すごいカッコよかった~。

宮川浩さん(ストライド)

あ~、宮川さんの嫌味でカッコいいストライドも今回が最後なんだぁ…。勿体ない!特に冒頭の「嘘の仮面」での歌い出しがめちゃくちゃカッコいいんですよね。思いっきり歌える人なので、できればもう一ランク上の役で出演してほしかったなぁ・・・というのがファンとしての本音ではあるんですが(笑)。

大須賀さんの司教様、荒井さんの強欲夫人、丸山さんの神出鬼没な執事・・・などなど、皆さん本当に素晴らしかったです。

2回目は27日!心して見るぞ!