劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』2012.03.07マチネ

スポンサーリンク

約3か月ぶりに『オペラ座の怪人』を観に行ってきました。

感想に行く前に…実は、観劇前日に不注意から指を打撲で怪我してしまいまして…。今回のオペラ座については語りたいことがたくさんあるのですが、右人差し指の関節がまだ満足に曲がらない状況にあり(腫れは引いてきましたが変色がまだ… 苦笑)あまり感想が書けません。
まぁ、私の場合はいつもダラダラ長ったらしいのでそのくらいのほうがいい、という話も無きにしろ非ずですがw。

壁観劇が終了し四季とはしばらく距離を…、なんて思っていた私がなぜオペラ座へ突発したかと言えば、佐野ファントムが海劇場に帰ってきたからです。前回の海公演で初めて佐野さんのファントムを見たとき、「これだっ」って思ったんですよね。こりゃ行かねばならんと。まさかその前日に指があんな悲惨なことになるなんて思ってませんでした(自業自得 爆)。うぅ…ここまで書いてけっこうちょっと指が…

劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』感想一覧

主なキャスト
オペラ座の怪人:佐野正幸、クリスティーヌ・ダーエ:笠松はる、ラウル・シャニュイユ子爵:飯田達郎、カルロッタ・ジュディチェルリ:河村彩、メグ・ジリー:中里美喜、マダム・ジリー:横山幸江、ムッシュー・アンドレ:増田守人、ムシュー・フィルマン:平良交一、ウバルド・ピアンジ:半場俊一郎、ムッシュー・レイエ:林和男、ムッシュー・ルフェーブル:斎藤譲、ジョセフ・ブケー:佐藤圭一

以下、ネタバレありのキャスト中心感想です。

スポンサーリンク

3か月ぶりということもあり、キャストがほぼ変わってましたね。同じなのは支配人とマダムジリーだけだった。

ファントム@佐野正幸さん

この前の週までまさかのラウルを演じていた佐野さん。"なぜラウル!?ファントムに戻って~"と念じていた私w。すると願いが通じてか、これまた翌週にまさかのファントム入り!待ってたよ~、佐野ファントム!!今現在、私が納得できる日本人ファントムは佐野さんだけなんです(大山さんを観ていないのでそのあたりは分かりませんが)。※個人的好みの問題ですのであしからず…。

佐野さんの何が私の心を揺さぶるかって、あの、熱い熱い心がえぐられるような芝居ですよ!前回の海劇場のときよりもさらに深みが増していた。このところ色々な役を休みなくこなし激務だったせいか高音部分にちょっとお疲れが見えたものの、それが気にならないくらいの素晴らしいファントムを魅せてくださいました!

特に最後の隠れ家での芝居は泣きます、ほんとに泣けます!クリスティーヌを愛し、愛し抜いたからこそのあの芝居…。怯え、狂気、そして愛情。そのどれもが入り混じったあの熱演。

映画のファントムをお好きな方は、佐野さんのファントムがハマるんじゃないかなと思います。感情表現がそれに近いと思えるので。日本でそんなファントムに出会えることが嬉しい。佐野ファントムがいてくれる間は通いたいなぁ。あぁ、もっと書きたいことたくさんあるんですが…指が…(汗)。また次回w。

クリスティーヌ@笠松はるさん

昨年見たときよりも素敵なクリスティーヌでした。佐野ファントムとの相性よさそうな気がする。歌声がとにかくとっても美しい。それに可愛いし。クライマックスでのファントムに対する表情が前回よりも情感籠っててとても良かったです。

ラウル@飯田達郎くん

うおーーー、観たかったんだよ、達郎くんのラウルっっ!!この週は岸君とのダブルキャストだったのでどの曜日にだれが入るのか分からない状況だったのですが、たまたま達郎くんで。あ、達郎くんは洋輔くんの弟さんですが、彼もまた歌が抜群にうまい。それはソンダンのときにものすごく感じた。お兄ちゃんよりも歌唱力はちょっと上かもって思う瞬間もあるくらい。

そんな達郎くんのラウル。彼の役での芝居は今までペテロしか見たことがなかったのですが…ラウルもいいじゃないですかっ!想像していたよりも熱血漢!セリフ回しもすごく自然だし若さあふれる感じ。クリスティーヌのリフトはモタモタ感があったけどw、それ以外は個人的にはすごく好きだな。クリスティーヌを抱きしめるときの優しさも印象的だった。ちょっとヒゲとメイクに違和感はかんじちゃったけどw。

河村カルロッタは久しぶりだったけど、若々しくて声も良く出ていましたね。もっと久しぶりだったのが半場ピアンジ。前回の海以来ですが…半場さん、ちょっと衰えたかなって感じが否めなかった(汗)。歌い方もなんとなく力技っぽかったし、明らかに張りがない。

スポンサーリンク

横山マダムジリーはなかなか良かったけど、中里メグジリーはちょっと軽い感じだったかな。歌も芝居も何となく中途半端って感じ。最近メグ役者さんがあまり育っていないような気がします。

増田アンドレ平良フィルマンは相変わらず息が合っていていい感じ。でもね、やっぱり、「プリマ・ドンナ」のナンバーは過っちゃって…未だにまともに聞けない…。今日こそ泣かないぞって思ったんだけど…どうしてもやっぱりまだ無理みたい。

レイエは林さんだったのか。キャスト表見直すまで全然気づかなかったw。

佐野ファントム、せめて今月いっぱいはなんとか頑張って海劇場にいてほしいなぁ。私が感動できる唯一のファントムなので…。今回の感想はこれが限界です(とか言いながら、けっこう書いちゃったけど 爆)

error: Content is protected !!