ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』2009.08.25ソワレ 前楽

26日に無事、帝国劇場の千秋楽を迎えたようですね…TDV。あぁ・・・ホントに終わっちゃったんだ(涙)。不況が襲ってなければ少なくともあと2回は通いたかった。


私の千秋楽は25日ソワレ泉見洋平くんと知念里奈ちゃんの帝劇楽日でした。

泉見くん大好きな私にとってはこの日に行ける事がホントに嬉しいっっ!3年前に体験できなかったあの千秋楽独特の雰囲気も体感。前楽ではありましたけど、泉見くんや知念ちゃんのラストということもあって・・・やはり何度も通ったといったようなツウなお客さんが多かったですね。え・・・私もその一人!?w・・・。
開幕前のあのシーーンとした張り詰めたような空気、冒頭の暖かい拍手、こういうのは本当に千秋楽独特の空気で・・・なんか久しぶりにこんな客席に参加できて嬉しかったです。
この日の感想の前にまずはカーテンコールの様子を少し。

フィナーレが終わった後にキャストが一人ひとり挨拶するんですが、新上さんは滑ってくるんじゃなくて舞台中央でポーズしてお辞儀してたのが可愛かったです(笑)。

スポンサーリンク

それから、泉見くんと知念ちゃんが千秋楽ということからか・・・禅さんや祐一郎さんたちが紙吹雪を彼らの上に撒いて祝福してました。面白かったのは祐一郎さん。

特大の紙吹雪を用意してて・・・それを思いっきり泉見くんたちの上に撒き散らして華々しくお祝いしたんですが・・・出てくるまで一生懸命握っていたのか一部の紙吹雪が固まっちゃってて、それがものの見事に泉見くんの頭に激突(笑)。泉見くん、雪合戦の玉をぶつけられたような状態になってしまって、これにはみんな爆笑でした~。でもちょっとかわいそうだったかも(汗)。
 いつものようにアンコールでヘルちゃんたちとガンガンに振り付けで踊りまくり。舞台上で泉見くんがなにやら知念ちゃんにコソコソと最初相談しに行ってたので何かな?と思ってると、曲が始まってから二人が客席まで降りてみんなと一緒にダンスしてくれました!

とにかくこの日の泉見くんのテンションは高くて・・・超ノリノリ!心からみんなと楽しんでるなぁって言うのがすごく伝わってきて見ているこちらとしても嬉しくなりました。そのあと、全体の御礼があって・・・2回目くらいに駒田@クコールがご挨拶。
駒田さんから“あの「3~」の言い回しができるのは泉見洋平と世界のナベアツくらいだと思います”と紹介された泉見くん(笑)。それに対して

「僕は3年前からこの役をやってるのでナベアツさんよりも先ということになると思います」

と最初にご挨拶(笑)。をを!確かに!これには会場も大拍手でした~。
まだテンションが抜け切らない感じの泉見くんでしたが、それでもゆっくり丁寧に熱くアルフレートのことを語っていたのが印象的。

「3年前よりも違った気持ちでこの役柄に望むことができたと思います。皆さんの胸にもそんな風に届いていれば嬉しいです」
というようなことを語っていたのが印象的でした。本当にこの作品、この役を愛してるんだなぁっていうのがヒシヒシと伝わってきました。

「まだまだ若いのでw、この役があとどのくらいできるか分かりませんが、できるだけ長くアルフレートを演じていきたい」

と語っていたのが嬉しかったなぁ!泉見くん、まだまだ全然イケるよ!私よりも年上なんて全く思えないし(笑)。あのキラキラした可愛さはアルフレートにものすごく合ってる。絶対にまた出会いたいです、泉見くんのアルフレート。・・・っていうか、ふたたびの再演も期待していいんでしょうか!!楽しみ!

 知念ちゃんは初参加ながらもスタッフやキャスト、お客様に支えられてすごく楽しんで演じることができたと感謝の気持ちを述べてましたね。そういえば・・・たしか、3年前にサラ役がなかなか発表されなかった時期、知念ちゃんがキャスティングされてたんじゃないかと噂になってたことがありました。あの頃色々ありましたからね(苦笑)。
そのあとも何度もカーテンコールがあって、禅さんと祐一郎さんが出てくるたびに泉見くんと知念ちゃんを前に出してたりして・・・ソワレ公演で夜も更けてきた頃ではありましたが(笑)、ものすごく盛り上がってました。お客さんの7割くらいは残ってたんじゃないかな。ま、私もその一人でしたけど(笑)。

帰りにパンフレットに付属していたウチワが配られたのでもらってきちゃいました。ヴァンパイアうちわ、これで2つになった(笑)。夏のいい思い出です・・・。

以下、ネタバレ含んでます。けっこう長いと思うのでご注意を。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009.08.2ソワレ前楽 in 帝国劇場

主なキャスト

クロロック伯爵:山口祐一郎、アブロンシウス教授:石川禅、サラ:知念里奈、アルフレート:泉見洋平、シャガール:安崎求、レベッカ:阿知波悟美、マグダ:シルビア・グラブ、ヘルベルト:吉野圭吾、クコール:駒田一 ほか

前楽ということもあってか、面白いアドリブもいろいろあってすごく楽しめました!シーンごとに覚えている楽しかったものや印象的だったものをいくつか挙げてきますね。

オープニングの泉見アルフが登場したところで客席から拍手が。

こういうのは楽独特だなぁと思います。ここの泉見くんは何度見ても本当に可愛い!マンガで出てくるヘタレキャラそのものの表情してますから(笑)。

♪ガーリック♪のときの禅@教授とのやりとりも可愛くて面白いです。

宿についてから寝る準備をしてる二人もすっごく可愛い!いつもは準備完了するたびに「グー!」って指サインしてましたが、今回見たら親指と人差し指をブイ字にして二人でニヤリポーズみたいな感じになってました(笑)。ここを見て笑ってる人がかなり多かったのでリピーターが多いなと感じたのでした(←あんたもね 笑)

♪初めてだから♪のシーンで面白かったのはやっぱり教授がレベッカさんに叩かれた後。今回禅さん、かなーり慎重に歩いてましたねぇ~。雪の塊があったところとかはそこで蹴躓きそうになって逆ギレしてたりして(笑)。レベッカさんに叩かれたあとは今回も歌舞伎スタイルで退場していかれました~。

で、そのあと、レベッカさんがシャガールを見つけて万事休すなシーンがあるんですが、最近ここではシャガールがレベッカの一撃を間一髪白羽取りでキャッチしていたことが多いようなんですけど・・・今回はそれを読んでいたレベッカさんが見事に胴打ち一本とってました(笑)。
安崎さんもこれは予想外だったらしくホントに焦って退場していって・・・あれは面白かったなぁ~。たぶんこれも楽バージョンだったかも。

♪すべて順調~人類のため♪で面白いのはやっぱり禅@教授。ホントに始まった頃に比べるとずいぶん芝居に余裕が出てあの場を楽しんで演じてるなぁっていうのがよく分かりますね。こんな弾けて楽しい禅さんを見れるなんて・・・ヴァンパイアはすごいミュージカルですよ。

特に可愛いのが「誰が私を殴ったんだ!?」のあとレベッカたちにすっとぼけられてしまい、「フンッッ」と拗ねちゃうシーン。前回観たときよりもさらに協調してフンッと言ってたのであまりの可愛さに思わず笑ってしまった。
ちなみにマグダにニンニクなげつけられた泉見アルフはこのときちゃんと拾ったあとに皮をむいて籠に入れてあげてるんですよね。それを今回発見できて・・・それにもまた萌えてしまった私です(笑)。
スポンサーリンク

♪人類のため♪のあとのプチカーテンコール、今回も大張り切りの禅@教授。大きな拍手に目を細めて何度も応えようとしてる芝居はホントに何度見ても可愛いんですが、今回はラストがちょっと楽バージョン?

いつもは教授が最後まで中央に居残ろうとするのをアルフレートが止めるんですが、今回は教授が泉見アルフを舞台中央に押し出して、泉見アルフが一人で拍手を受ける形になってて・・・気がついたらみんな舞台袖に行っちゃってて慌てて追いかける、みたいなバージョンになってました(笑)。あれは禅さんのアドリブだろうな~。

 ♪あんたは素敵♪でサラがアルフレートを誘惑するシーン。もう泉見アルフの翻弄されっぷりが超マンガちっくで見ていてかなり笑えました。特に「スポンジ最高」のシーンはテンションMAXになってたらしく、泉見アルフくん・・・かなーり男の子になってましたがなw。萌え過ぎだって(笑)。

それにしても知念@サラの誘惑は色っぽいですなぁ~。ちひろちゃんは小悪魔っぽいけど、知念ちゃんはまさに大人の色香って感じです(笑)。
そのあとサラのもとに伯爵がクレーンに乗って登場するんですが(ここのナンバーが大好き)、祐一郎さん、ちょっと歌が不調っぽいかも?いつものハリのあるスタッカートじゃなかったような?でもこのシーンはかっこいいので大好き。あのマント裁きも見ごたえありますしね。
で、伯爵が去ったあとの泉見@アルフが教授を起こすシーンがまた・・・あのリアクションに爆笑!あれで一発で吸血鬼がやってきたのが分かるよ(笑)。
 
♪外は自由♪
ではヴァンパイアダンサーたちのダンスが見応え十分なんですが、今回再演で初めて前のほうの座席で観たので・・・感動もひとしお!一人ひとりのダンサーの動きが超カッコイイ!!もっと長く見ていたくなってしまった。
その後、サラが自ら伯爵の城へ走り去っていってしまいそれをシャガールが追いかけるんですが・・・泉見アルフの「今どこに!?」という歌い方がすごい緊迫感漂っててよかったです。もう、ほんっとにサラ好きなんだなぁって伝わってくるんですよね。

で、追いかけてったシャガールが吸血鬼に血を吸われて死んでしまったあと、教授とアルフレートは吸血鬼化する前に杭を打とうとするんですが・・・このときの二人のやり取りが面白かった!

泉見アルフに杭をどこに打つのか質問する禅教授。それに対して「肋骨の6番目と7番目の間」と答えるんですが・・・この答えが今回なかなか出てこなくてけっこう考えてた泉見アルフ。そして禅教授がしっかりと「鈍い!もっとチャッチャと喋りなさいっ!」とツッコミ入れてて会場爆笑!いやぁ、この二人は本当に面白い。

スポンサーリンク

シャガールの案内でクロロック城に行く教授とアルフレートですが、このとき彼らは客席を降りてくるんです。そのときの禅さんと泉見くんの顔を突き合わせて「ブルブルブル~」って震えてるしぐさがものすごく可愛い!!すごく萌える!

で、最後の「ブルブル」のとき、それをやろうとした泉見くんでしたが、禅さんが「あれ、あいつどこ行った?」と反応してくれずアタフタしちゃうっていうのがすぐ近くで行われてまして(笑)。あの時の泉見くんも萌えたなぁ~。

お城に着いたときのアブロンシウス教授のドキドキっぷりもすごく可愛いんですよね。今回も相当緊張してて自己紹介するときの声がガタガタに震えてました(笑)。

そして面白いといえば・・・ヘルちゃん登場シーン!

いつも♪退屈にサヨナラ♪と歌ったあと一目ぼれしたアルフレートのカバンを持とうとして持てないみたいなアクションをして笑わせてくれるんですが、今回はなんと、軽々と荷物を持って「おおっ!?」とビックリする私含めた観客(笑)。ところがそのすぐあとにアルフに向き直って荷物を降ろしちゃってました(笑)。これ、楽バージョンですかね、吉野さん(笑)。

クコちゃんの伯爵をどつく仕草もいつも以上だったようだし、ヘルちゃんの伯爵への反抗も増してるみたいだし(祐一郎さんが歌いながら素でちょっとビビってたのが面白かった 笑)・・・ここは本当に見所満点です。
スポンサーリンク

そして幕間のお楽しみ、クコール劇場

前楽ということもあってか、観客のほとんどが席を立たずにクコちゃんの登場を待ってました。
で、いつものようにお掃除していると・・・なんと、禅@教授が頭にカラーを巻いて歯磨きしながら登場(笑)。

どうやら城の中で迷ったらしく・・・「トイレどこにあるの?」と寝ぼけ眼で質問。それに対してクコちゃんが帝劇のお手洗いを案内する形で教えてあげると・・・なんと禅@教授、「ここでやっちゃダメなの?」と、オケピに向かってトイレしようとしててw・・・あわてたクコちゃんが「そっちは別世界ですから」と止めてました(笑)。

そこで段取りでは禅さんが袖にはけていく予定だったらしいのですが、なんだかまだ物足りなかったらしくクコちゃんに「なんかないの?」とツッコミ要求(笑)。これに対してクコちゃん「それに対しては打ち合わせしてないんで・・・」と困り顔で客席大爆笑。

それでも名残惜しかったらしく、「トイレどういったらいいの?」とノンビリ質問しててそれに対して必死に対応してるクコちゃんでしたが・・・ついに、「みなさんトイレ待ってるんです!」と切り替えしたクコちゃん(笑)。その言葉にはたと我に返った禅教授が急いで舞台袖にはけてってクコちゃんがそれを追いかける・・・みたいな感じで終了~。あぁ、面白かった!

第2幕で特に好きなのが約10分のダンスナンバー♪夜を感じろ♪

いつもは後ろのほうの席から全体を眺める感じで見ていたのですが、今回は少し前のほうの座席で・・・ダンサーさんが近い近い!動きの一つ一つがほんっとにカッコよくて、新上さんのダイナミックなダンスも大感動!!!このナンバーがあまりにもカッコよすぎて・・・大好きで・・・なんか、おもわず込み上げるものが・・・(涙)。あぁ、もう見れないんだなぁ・・・しばらく。

ラストのアルフレートが掲げる十字架のシーンもすごく好きです。で、目覚めたアルフが朝食を用意してくれていたクコちゃんと鉢合わせになるシーン。いつもは二人顔を合わせたときにギャーっとなってクコちゃんが「いやぁぁ」と去っていくんですが、今回はクコちゃん、泉見アルフに向かってボカボカと殴りにかかり「バカーーッ!」と大泣きして捌けていきました(笑)。可愛いぞ、クコちゃん!

そして霊廟探索。ここではいつも教授とアルフの掛け合いが面白いんですけど、今回は楽バージョンということで。先に下におりたアルフを最短距離で追いかけようとした教授が宙ぶらりんになるシーン。

泉見アルフはここでいつも教授に向かってジャンプして助けようとしているんですが・・・いつものように「無理です」と諦めた泉見アルフに対して禅@教授、「あと3回!」と再び助けに来るように要請(笑)。泉見くん、言葉通り3回飛んでチャレンジしてましたが届かず諦めてました(笑)。

教授に杭を打てずに凹んでしまう泉見アルフのクネクネっぷりも今回はやたら濃くて・・・クネクネしている上に「できません」とベソかいちゃって・・・可愛い!それに対して禅教授がすかさず「クネクネしない!泣かない!!」と喝入れてました(笑)。去り際の二人のケンカじみたやり取りも楽しかったなぁ。

スポンサーリンク

そして圧巻だったのが♪サラへ♪

せっかく見つけたサラに「見ないでよ、私を」と拒絶されてしまったあとにアルフレートが彼女への想いを切々と歌い上げるソロナンバーなのですが・・・私は泉見くんのここのシーンがものすごく好きなんです。アルフレートの熱い気持ちがすごく伝わってくるので。

それが・・・今回はさらにその3割増し以上の感情を込めて歌ってくれた泉見くん!歌う・・・というか、愛するサラへの想いが溢れて溢れて仕方なくて切々と語りかける感じの歌い方。歌で気持ちを伝えたいといつも言ってる泉見くん、今回は芝居として伝えていたように感じたなぁ。

まさに絶唱!
もう、この日の彼の♪サラへ♪は・・・個人的にものすごく胸打たれまして・・・思わず涙がこぼれましたよ(涙)。クライマックスの歌い上げのあと、泉見くん、溢れる感情が止まらなくなって涙を必死に抑えてる感じで・・・そんな彼を見てまたさらに胸が熱くなってしまった(涙)。
芝居全体としては、彼の今回の歌い方はちょっとアンバランスだったかもしれないけど・・・でも、ソロですからね。独断場なシーンですから・・・私はアリだと思います。ほんっとに素晴らしかったから!舞台ってこういう瞬間に出会えるからいいんだよなぁ~。泉見くん、素敵な瞬間を本当にありがとう。
 そしてそのあとのお楽しみがヘルベルトくん登場シーン。毎回毎回楽しませてくれたヘルちゃん登場ですが・・・今回は楽ということもあってか、お風呂に入らず風呂桶の上でストレッチみたいなカッコして現れたんで客席大盛り上がり!いやぁ、改めて・・・吉野さん、素晴らしい肉体!まにダンサーの美しい肉体ですよ。あの格好は吉野さんだからこそだな。

で、いつものようにアルフとダンスするヘルちゃんなのですが・・・泉見アルフ、どうやら前のシーンで精力を使い果たし頭がついてこなかったのか、ヘルちゃんとのダンスがちょっとぎこちないんですよね(笑)。

すると、2回目に飛んだときにすぐにそれに気がついたヘルちゃんが「へたくそ~♪」とツッコミ(笑)。いつもは「上手ぅ♪」とご機嫌なんですが、今回はちょっと複雑な心境だった模様。それに対して泉見くんもちょっと凹んだらしく、歌の途中で吹き出しそうになってしまう一幕も(笑)。

 襲われそうになり必死に客席を逃げて舞台に戻ってきたアルフのシーン。この前は「おかえり♪」と優しく出迎えたヘルちゃんでしたが、今回は「踊りの練習しようね♪」と最後まで愛のツッコミ入れてました(笑)。がんばれ、泉見くん!
そんなアルフを助けにやってきた禅教授、今回も激しくヘルちゃんを追っ払ってます(笑)。「見えてる」「いやん」ってやりとりが好きだったなぁ~。襲われかかったアルフレートにツッコミ入れる教授に口答えする泉見アルフですが、いつもここで歯を食いしばって反論してるんですよね。この食いしばりっぷりが本当に可愛くて大好きでした。
 二人がヴァンパイアな伯爵と出会ってしまうシーン。バーンと現れた伯爵の姿に泉見アルフはものすごいマンガちっくに飛び上がってひっくり返るんですよ。これがホントに毎回楽しくて。泉見くんの演技プランってとにかくものすごく劇画ちっくで面白いんですよね。

ここでは教授と伯爵の対決がすごく見ごたえあります。ナンバーがかなりカッコイイし、対抗してる禅教授がすごくカッコイイんです。誘惑されかかったアルフを気遣っている優しさもあるし・・・ここはホント、禅さんが上手いと思う。

スポンサーリンク

♪永遠♪のナンバーのあといつもヴァンパイアさんが客席に襲い掛かってくるんですが、今回は中ほどの席だったので襲われる事はありませんでした(笑)。斜め前の通路席の人はかなり多くのヴァンパイアさんに絡まれててちょっと羨ましかったかも。

そのあとの伯爵による♪抑えがたい欲望♪、今回は祐一郎さんの歌の調子がちょっと今ひとつって感じだったんで、歌よりも芝居っぽく丁寧に演じてたのが印象的でした。こういう歌い方のほうが個人的には好きだなぁ。最後の伸びはいつもよりもちょっと短めだった気がするけど、でも、楽だったからかいつもよりも長い時間のショーストップ状態になってました。私的にはやっぱりここはどちらかというと新上さんのダンスに拍手を送っちゃうんですけどね。
でも、ラストの伯爵がマントを翻すシーンはかっこよくて好きです。
そして舞踏会。ここのシーンのナンバーがカッコよくて大好きなんですが・・・伯爵、サラを噛むの・・・いつもけっこう早いですよね(笑)。あれで本当に血が吸えたんだろうかなんてちょっと思ったりして(汗)。
で、最後は無事にサラを救い出してめでたしになるんですが・・・その前のクコちゃんが狼に襲われちゃうシーンはやっぱり何度見てもウルウルっときてしまう・・・。クコちゃん、哀れすぎる~(涙)。
サラがアルフを噛むシーン、この噛まれた後の泉見アルフの倒れっぷりが実にリアルで可愛らしいんですが、そのあと血を舐めて「悪くないね」という場面。ここ、いつも泉見アルフは舐めた瞬間にヴァンパイア化したような表情になるんですが、こんかいはちょっと抑え気味な感じ。なんだかだんだんヴァンパイアになっていくかも・・・みたいな雰囲気がありました。こんな泉見アルフもいい!!
そしてフィナーレ。個人的には泉見くんを中心に見ちゃうんですが(笑)、もう、心からあの瞬間楽しんでるって言うのが伝わってきますよね。ライブやってるときと同じような感覚なんじゃないのかな。 
あぁ、本当に楽しかった! 
こんな感じで私のヴァンパイアな夏が終わりました。なんだかんだで5回観劇してしまった。また再演しないかなぁ。カーテンコールでは皆さんしきりに「博多に来てね」とアピールしてましたが・・・財政的に博多は無理~(涙)。博多の楽とかすごく盛り上がりそうなのに・・・行きたかったなぁ。 また再び上演があることを信じて。

ありがとう!!ダンス・オブ・ヴァンパイア!!!