ミュージカル『TITANIC』 09.02.05マチネ感想

前日にソワレを見たばかりですが・・・翌日マチネの『タイタニック』も観に行ってきました。今回のチケットは相当早い時期に購入したので予定通りです(笑)。

観劇前は正直、昨晩観たばかりであまり時間が経っていなかったのであまり感情が動かないんじゃないかな・・・と心配してしまったんですが、それも杞憂に終わりました。いやはや、参りました。慣れが出るどころか、ますます入り込んじゃって・・・ボロ泣きどころじゃなくなってました(爆)。連続してここまでのレベルを保ってるし、それどころかさらに進歩してますよ。
また、今回は初演を含めて初めて役者さんの表情が肉眼で確認できる座席だったので感慨もひとしお・・・。目の前でキャラクターたちが「生きてる」感じ。うーん、巧く言い表せないけど・・・「生きてる」んですよ。タイタニック号事件は実際に起こった事故ですが、舞台で展開されていることも嘘がどこにも感じられない。これって本当にすごいことだと思います。

 

初演から観てきて本当に大好きな作品だったわけですが、今回の観劇で“それ以上”の存在になった気がします。本能的に心が震える作品。「蜘蛛女のキス」(初演と再演)と同じくらい大切な作品です。

今回はキャストの皆さんについてレポしたいと思います。熱く語ってしまうこと請け合いです。それでも・・・というありがたい方がいらっしゃいましたら以下、お付き合いください。あ、ネタバレオンパレードですのでご注意を(笑)。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

09年02月05日マチネ in東京国際フォーラムC

主な出演者
アンドリュース:松岡充、ブライド:岡田浩暉、バレット:宮川浩、マードック:戸井勝海、ストラウス夫人:諏訪マリー、ケイト:華城季帆、アリス:入絵加奈子、ジム:Kineru、ハートリー:浜畑堅吉、イズメイ:大澄賢也、ストラウス:光枝明彦、エッチズ:藤木孝、キャプテン・スミス:宝田明 ほか

 

松岡充さん@アンドリュース

前回も書きましたが、本当に初演から比べてよりミュージカルアクターになられましたよね。彼がここまで進歩するとは最初思っていなかったので本当に驚いたし、それ以上に嬉しかったです。真摯にこの作品と向かい合ってくれているんだなっていうのが痛いほど伝わってくる。
アンドリュースは険しい表情をすることが多いのですが、その時の松岡さんの眼力が非常に印象的です。今回かなり近い位置で見たのでなおさら吸い込まれそうになってしまった。アンドリュースのヴィジョンで狂気の中タイタニックの設計図を手直しする姿は特に鬼気迫っていてゾクっとさせられます。そして最期を悟ったときに歌う「オータム」の一節が・・・なんか全てを受け入れた表情になってて・・・かなり切ないです。あれは泣けます!

 

岡田浩暉さん@ブライド

初演の綜馬さんによるブライドと岡田さんのブライドはかなり違う人物になってますね。綜馬さんはどちらかというと生真面目な天然さんというで見ていてちょっとクスッとなるような感じだったのですが、岡田さんのブライドは本当に人付き合いが苦手で内気でちょっと神経質な感じ。他人と接するときはいつもすごく緊張してしまってうまく言葉が出てこない。最初見たときはかなり斬新な印象を持ちましたね。「夜は生きている」のナンバーで出てくる“いつも孤独で一人だった”という歌詞の説得力がすごい伝わってくる。
そんな彼が無線という機械に出会って世界中の人たちの声を聞くことで明るい一筋の光を見つけるわけで・・・その喜びの表情には思わず胸が熱くなります・・・。さらに、バレットという、おそらく彼にとっては初めてであろう親友ができて・・・。あの嬉しそうな表情見てるとホント泣けて仕方ないですよ。
それからもうひとつの泣ける岡田ブライドのポイントは「誰のせいだ」のナンバーでアンドリュース、スミス、イズメイが責任を擦り付けあっているときの表情。絶望感というよりも虚しさ・・・。上官の言い争いと岡田ブライドのなんとも言えない表情とのコントラストは胸に迫るものがあります。
ほかにも語りたいことがたくさんあるんですが、それは楽にて(笑)。

 

宮川浩さん@バレット

まずは宮川さんが今回「タイタニック」でボイラー係のバレットに配役されたことがファンとして本当に嬉しかったです。初演の岡さんによる美しい歌声のバレットも印象的でしたが、作品の中で生きているバレットを感じたのは再演の宮川さんです。ボイラーでススまみれになりながら働いている姿、恋人への電信に熱い想いを寄せる姿、ブライドという大切な親友を想う姿・・・どこをとってもそこにバレットが生きているんですよ。ここまでバレット役が宮川さんにフィットするとは!本当に感動の一言です。
「バレットの歌」での本領発揮な迫力ある歌声も印象的なのですが、一番グッとくるのはブライドと心を通わせる「プロポーズ」「夜は生きている」の重唱シーンですね。初演では泣かなかったんですが、再演では宮川さんの温かくて包み込むような歌声がビリビリ心に響いてきて・・・気がついたら号泣してました(涙)。ブライドが心を許す存在になるのがとてもよく分かる。岡田さんとの相性もすごくいいのかもしれません。
宮川さんについても語りたいことガ山ほどあるんですが・・・それも楽にて(笑)。

 

戸井勝海さん@マードック

詳しく配役が決まる前までは戸井さんがブライドだと思っていたので(笑)マードックだと知ったときはちょっとビックリしました。最初見たときは・・・やっぱりちょっと違和感あったんですよね。初演でプレッシャーに押しつぶされそうになってる岡田マードックの切なさに号泣させられていたので、戸井さんのちょっと自信に満ちた感じのマードックは受け入れるのに時間がちょっとかかります(汗)。二人は全く違うタイプですからね。1幕は特に自信に溢れてて船長を辞退しているというのがいまいちピンと来ないかも(笑)。乾さんのライトラーがものすごくシッカリ者なのでちょっとキャラがかぶる気がするし…。
でも、今回戸井さんのマードックもありかなと受け止められるようになってきました。それを感じたのが2幕、氷山にぶつかったときの動揺っぷりです。戸井マードックは必死に1幕のときのような冷静な航海士であろうと振舞ってるんですが、いくら抑えようにも表に出てしまう体の震えがあって…。自分を立て直そうと必死に戦ってる姿はかなり切なかったです。

 

浜畑賢吉さん@ハートリー

楽団のリーダー・ハートリーは初演と同じ浜畑さんなんですけど、本当に楽器を・・・音楽を愛する紳士って雰囲気なんですよ。豪華客船にふさわしい気品も併せ持っているし、ラグタイムのときのユーモアさもある。本当にこんな人がタイタニックで最期まで演奏し続けていたんだろうなぁと思いました。地味な存在なんだけどキラリと光る名演技が最高です。

 

藤木孝さん@エッチズ

藤木さんも初演からの続投組なのですが、本当にこの方は執事的な役をやらせたら右に出るものがいないくらいピッタリはまりますよね~。役というよりも本職っぽいですから(笑)。いつも紳士的でビシッと決まってるんですけど、2等船客のアリスの行動に振り回されてついつい職務を忘れて追いかけっこしてしまう姿も可愛いです。私的には2幕でサロンに2等船客がやってきたときの「ほらやってきた、セカンドクラス」と歌う藤木エッチズの顔が最高に面白くて好きですね。

 

スポンサーリンク

 

Kimeruくん@ジム & 華城季帆さん@ケイト

この二人は三等船客なのですが、ちょっと華が足りないところが残念かな~。どちらかと言うと初演の浦井君と紫吹さんコンビは出番が少ないながらも個性が強かったので、それを観てしまうとちょっと物足りないところも。いまひとつ心に伝わってくるものがない感じだったのが残念。

 

入絵加奈子さん@アリス & 青山明さん@エドガー

この二人は本当に最高の夫婦でした!初演では森口アリスが一人で先走ってしまっているような印象が強かったんですけれども、入絵さんのアリスは一等にもぐりこむなど無茶な行動が多いにもかかわらず最後に戻る場所はちゃんとエドガーのところだというのが伝わってきました。
アリスの行動に振り回されっぱなしの青山エドガーはあまり冒険を好まないタイプなんですが、彼女の行動もなんだかんだ言いながらどこかで受け止めてやっている気がするんですよね。ものすごく大きな愛で包んであげてる感じ。アリスは一人で一等の仲間入りをしに行ったりしてるんですが、本心ではエドガーと一緒に冒険したい気持ちが強いと思うんですよ。今回見ていてそれをものすごく感じました。
そんな二人の別れのシーンは涙なくして観られませんっっっ!一番自分がいたい場所がエドガーのところだと本当に気づいたときには永遠の別れの時だったんですから・・・。あ、書いてても泣けてきちゃったよ(涙)。

 

光枝明彦さん@イジドー & 諏訪マリーさん@イーダ

初演に引き続いて観ているだけでも泣けてくる夫婦愛を貫いていました。本当に長年連れ添った、何もかも受け止められる素敵な夫婦なんですよ・・・このお二人が演じるストラウス夫妻は。夫は常に妻を気遣い、妻も夫を優しく包み込んでいる。だから、何があっても最期まで運命を共にしたいという気持ちが痛いほどよく分かる。
そんなお二人の「Still」も涙なくしては観れませんっっっ!!まるでレクイエムのような旋律のなか、沈みそうな船に入ることを忘れてしまうような二人だけの穏やかな時間・・・。沈んでいく時も常に二人は一緒にいて何か祈りの言葉を最期まで言い続けているんですよね…。本当に泣けます・・・!

 

大澄賢也さん@イズメイ

初演で大澄さんのイズメイを見た時は、本当にまさに自分が思い描いていた人物とドンピシャでビックリしたんですが、今回はそれにユーモアが加わってただの憎たらしいイズメイじゃなくなっていたのがとても印象的でした。スミス船長に記録を伸ばすようにスピードを催促しにきたり、食事の席でもスピードの話題ばっかり振りまいて本当に現場の人間としたらウザい存在なんですけど(笑)、今回の大澄イズメイはどこか憎めないんですよね。昨日のトークショーでも語られていた「諸君♪ふぅ~♪」といたずらっ子みたいな表情をしたり(笑)、食事の最中にスミスが指示したスピードが納得いかず「おいおい、E.J♪」とガキッぽい言い方をしてみたり(笑)。1幕は本当に彼の一つ一つの行動が面白くてたまりません。
そんな大澄イズメイがガラッと別の顔になる2幕。スミスとアンドリュースを責めまくっている時の必死さが目を惹きます。自分の責任だということを彼の中では分かっているんだけどそれを認めたくなくて責任逃れな発言ばっかりしてしまってる。人間の弱さの象徴みたいな感じ。最後の最後に何かの力に押されたようにボートに呆然と乗り込んでしまう姿がとても印象的です。

 

宝田明さん@キャプテン・スミス

いや~・・・初演以上のキャプテンの貫禄ですよ!まさにスミス船長そのもの。この役は宝田さんにしかできないと思います。まさにタイタニック号における一本の太い大黒柱ですよ。1幕の「驚くべき時代」のナンバーの中で一等船客たちがスミス船長を称えて歌うのでが、本当にその歌詞にふさわしいような偉大な人物ですから、宝田スミス。再演するに当たってさらに深く研究されたんじゃないでしょうか。それから航海士たちの名前の呼び方もすごい好きなんですよね~。「ミスター・マードック」とか「ミスター・ライトラー」とか、ものすごくきれいな発音なんですよ。聞いていてとても心地いい。
そんな完璧な船長が2幕で船が沈没すると言う時に人間らしさを見せる「誰のせいだ」はかなりグッと来ます。特に「乗客には罪はない、その人生を夢に見ていた・・・」と語るシーンは本当に切なくて涙が溢れてしまいました・・・。

 

乾あきおさん@ライトラー

初演に引き続きライトラーを演じられた乾さん、本当に機械のように正確で冷静で真面目なライトラーです。頼もしいという言葉がピッタリ来るような感じ。乾さんも発音がとても美しいんですよね~。ソロキャストなのになんで扱いがちょっと小さめなのかな…。乾さんのライトラー大好きです。

 

松原剛志さん@フリートほか

松原さんも初演に引き続いての続投組ですが、「No Moon」のナンバーでの透き通るような美しい歌声はさらに磨きがかかっていて素晴らしいです。聞いていて吸い込まれるような感じだし、冷たく凍えるような景色が目の前に広がっているというのがとてもよく伝わってくる。カルパチア号に助けられた時に「もっと早く氷山を発見していれば」と悔やんでいる姿がとても切ないです…。
松原さんはもうひとつ一等スチュワードを演じているんですが、特にラグタイムのときの動きがとても楽しそうで微笑ましいんですよね。イズメイとダンスをする一等スチュワーデスを注意しながらも最後はやっぱり自分も弾けて踊っちゃうみたいな(笑)。

 

鹿志村篤臣さん@少佐ほか

鹿志村さんは色んな役を演じているんですが特に面白いのが一等船客の少佐です。お決まりの言葉「気の触れた野蛮人どもが!」と武勇伝を語りたがってるんですけどいつも最後まで言わせてもらえなくて(笑)。ユーモア溢れたキャラクターでなんだかとても可愛いのです。

 

武井基治さん@エドワード

タイタニック号の従業員の中でも特に若くて張り切っているのがエドワード。初演では原田優一くんがキラキラ明るく演じててとても印象的だったのですが、武井さんもすごくいい感じです!特に出発前に友達になった船員とブンブン握手して無邪気にはしゃいでいる姿がとても可愛い。
2幕で船が沈む時、彼はスミスから勲章を受け取るんですが・・・その時のなんとも言えない嬉しそうな無邪気な表情が涙を誘います…。沈む寸前に狂ったように設計図を修正しているアンドリュースを必死に止めるんですが、彼に抱きしめられて全てを悟った時の表情も泣けるんだよなぁ・・・。

 

岡千絵さん@カルドザ

一等船客で女性でありながら堂々と男性の間に割って入りカードゲームをしてしまうカルドザ。そんな彼女がイェーツから手紙を託されるシーンはとても泣けます!彼女はボートに乗り込む時もシッカリその手紙を握っているし、カルパチア号に助けられた時もそれを掲げてるんですよね…。泣けました。

 

そのほかの皆さんも本当に素晴らしくて・・・涙涙でございました・・・。
残るは千秋楽かぁ・・・。自分の涙で沈没するくらい泣いてる気がする・・・(苦笑)。