ミュージカル『1789』大阪公演 06.05アフタートークショー

ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』6月5日ソワレ終演後に出演キャストによるアフタートークショーが行われました。

参考 本編感想はこちら↓

ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』2018.06.05~06
ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』大阪公演を観てきた感想。2018年6月5日ソワレと6月6日マチネ公演を観劇。新歌舞伎座にて上演。主な出演は加藤和樹・神田沙也加・凰稀かなめ(5日)、小池徹平・夢咲ねね(6日)

大盛り上がりの終演後に行われたので、皆さん衣装のままの参加でした。落ち着いた雰囲気ながらも笑いが起こる楽しいトークショーになったので、その時の様子を少し紹介したいと思います。

以下、ネタバレを含んだレポートになります。ご注意を。

 

スポンサーリンク

ミュージカル『1789』大阪公演 アフタートークショー 2018.06.05ソワレ後

参加メンバー

加藤和樹(ロナン役)・神田沙也加(オランプ役)・凰稀かなめ(マリー・アントワネット役)

司会 高橋真理恵(関西テレビアナウンサー)

 

登場は「すべて賭けて」の音楽に乗せてw。この音楽ホント可愛くて大好きなんですよね~。それぞれ自己紹介した後に用意された椅子へ。着席順は下手側から、高橋アナ・沙也加ちゃん・和樹くん・凰稀さんといった並びでした。

 

大阪の劇場の印象は?

今回は新歌舞伎座が舞台ということでまずはそれぞれ劇場の印象から聞かれることに。

和樹くんは「帝劇よりもお客さんの距離がすごく近くに感じられるので、舞台上にいてさらに熱を上げてもらっているような感覚」と語ってました。やっぱり役者さんも舞台と客席の近さっていうのは実感してたんですね。

沙也加ちゃんは「大阪に来てからもう1週間くらい経ってるのでまるで在住してるみたいな気分」と言って笑ってました😁。今回は東京公演が終わった後の期間が少し空いていたので、皆さん余裕を持って大阪入りしたようです。
新歌舞伎座の印象は「どこから見てもすごく近い!」とやはり近さアピールしてましたね。「お客さんが羨ましい!私も見たいんですよね」と笑ってて可愛かった😊。「ねねちゃんのときにこっそり観に来たいです」と言っていたので、本当にどこかに座ってる日がありそうな予感がしますw。

凰稀さんは「大阪は第二の故郷でもあるので」と話されてて客席からは大きな拍手が沸き起こってました。舞台稽古は2階席のバルコニーから見ていたそうですが、やはり「見やすかった」と語ってましたね。1階席最後方でも表情が見えますから、2階前方になるとさらに見やすいのかもしれません。

 

大阪で楽しみにしていることは?

凰稀さんは「食べ歩き」だそう。魚介類がダメらしいのですが、たこ焼きが好きで「タコ抜き」のを頼んで食べたと言って笑ってましたww。タコを抜いた時点でたこ焼きじゃない気がするんですけど😅😅www。これにはみんな爆笑w。

和樹くんには「昨日休演日でしたけど大阪どこか行きましたか?」みたいな質問が飛んだのですが・・・「すいません、東京に行ってて・・・」とバツが悪そうに小さくなってて(笑)。「次の方に・・・」ってもう完全に申し訳ないモードに入っちゃってて可愛かった😁。1789大阪公演の合間にも仕事でよく東京行ってるみたいですよね。人気者は忙しい!

沙也加ちゃんは休演日は天王寺で買い物したそうです。「天王寺のイントネーション合ってますか!?」って確認してたのが可愛かったなw。大阪は色々土地の呼び方のイントネーションが違うとこありますからね。「合ってますよ」って言われると「よかった~」ってニコニコして安心してたのがまたキュートだったよ😊。

 

役を演じる上でのお互いの印象は?

この質問に関しては最初みんな「特徴ってある?」みたいな感じでオロオロしてたんですけどww、それぞれダブルキャストとしての印象はということだと分かると「あ~」って納得w。

最初に和樹くんが「ロナンとマリーさんは絡みが殆どないんですけど」って言いだすと、横からすかさず沙也加ちゃんが「マリーさんって・・・!」とツッコミ入れててみんな大笑いww。たしかに斬新な呼び方だったな(笑)。
唯一の絡みの場面が1幕にあるのですが、それについては凰稀さんが語ってて。

「加藤くんは初演から見てますが、農民の中の強さが増したという印象です」

とおっとりした口調で解説。「プライベートで何かあったのかと思って」と付け加えると和樹くんが「そんなことないです」みたいに苦笑いしてて面白かったw。

そんな和樹くん、オランプとのやりとりについては「意識してキャストによって変えるのではなくて自然に接している中で変化している感じ」と語ってましたね。大阪公演でさらに色々刺激を受けることも多いそうです。

沙也加ちゃんは和樹くんの印象を聞かれて、隣で「ウーン」って感じで顔を見ながら暫し考察ww。その様子にタジタジになってる和樹くんが劇中キャラと違いすぎてて可愛いww。
で、考えて出てきた答えというのが・・・「腰の位置が高いなって」という感想だったのでみんな大笑いでした(笑)。え、そこなの!?みたいなww。「手を回してもまだウェストなんですよ~!」と沙也加ちゃん的にはけっこう切実な問題らしい。その身長差がけっこう見た目には萌え要素だったりするんですがw、「どうしたら身長伸びるんですかねぇ」と沙也加ちゃん悩んじゃってましたね(笑)。

ちなみに、本編ではちゃんと芝居に集中してるってことで。稽古に入ると腰の高さを実感しちゃうのだとか。それを横で聞いてた和樹くんは「あ~、確かに」みたいな感じでちょっと申し訳なさそうに苦笑いしまくってましたww。

 

スポンサーリンク

東京公演との違いについて

劇場の構造の影響で、帝劇公演とは少し違うところもあるとのこと。

和樹くんによると、客席に降りるとき、帝劇には会った中通路が新歌舞伎座ではないので降りた後はまっすぐ駆け抜けるという演出に変わっているのだとか。特にロナンは降りた後にガーっと駆け出すシーンがあるので

「なるべく風を感じてもらえるように走ってます」

とのこと。それに対して「上の階にも届いていると思いますよ」と振られると正直な和樹くんは「いやぁ・・・」とまた申し訳なさそうな表情にw。「届くようにもっと頑張ります」とさらに風を起こすような走りを誓ってました😅。がんばれ和樹くん!

 

次はここを見てほしいというポイントは?

大阪公演はちょうどこの時期始まったばかりなので、リピーターのための注目点はありますか?という質問になりました。

真っ先に手を挙げたのが凰稀さん。

神田オランプに関しては「2幕で吉野さん演じるアルトワにやられてる時の沙也加ちゃんの表情」とのことww。舞台袖でいつもその場面が来るのを楽しみにしているそうです(笑)。

和樹ロナンに関しては「1幕で岡さん演じるペイロールに鞭で叩かれてる時の表情」とのことwww。凰稀さん的には「痛めつけられてる時の芝居が最高!」ってことらしい(笑)。

凰稀さん曰く「宝塚で男役やってる時から痛めつけられてる役の人を見るのがすごい好きだったんです」とww。えーーと、かなりのMな方のようです(笑)。痛めつけられてる人見るとなんだか母性が刺激されるそうなんでww。

次に和樹くん。

神田オランプに関しては好きなシーンがあるとのことで・・・「アルトワの催眠術にかかるときの表情がすごく好きなんですよ」と。稽古場からこの時の沙也加ちゃんを見ていて「この人超上手い!!」と感心しまくってるらしい(笑)。
でもそれ凄い分かる!!私も沙也加ちゃんのオランプが催眠術にかかりそうになったところの表情がめちゃめちゃリアルだって思ったので。「あの時の表情すごく好き」って沙也加ちゃんに告げると「すごい嬉しい!」とニコニコ。「催眠術にかけられたことあるんですか?」と質問されるとさすがにそれはないとのことでしたが(笑)「きっと、かかりやすい方だと思います」と断言してましたね。「吉野さんが上手くかけそうな雰囲気」っていうのも分かる気がしましたがww。

凰稀アントワネットに関しては、2幕の最後フェルゼンと別れる場面がいつもグッときて泣きそうになるそうです。アントワネットがフェルゼンに「お帰り下さい」と告げるシーンが特に涙腺を刺激するのだとか。「あそこはヤバいです」と感慨深げに語ってましたね。
それに対して凰稀さんも「あの場面は自分の感情を押し殺しながら演じてます」とシミジミ語ってました。ちなみにこのシーンが終わって舞台袖に戻るといつも和樹くんが拍手してくれるのだそうですよ😊。

最後に沙也加ちゃん。

凰稀アントワネットに関して語る前にまず「私、凰稀さんのこと、存在そのものが大好きなんです」と公開告白ww。するとそれに対して凰稀さんも「私もだ~い好きです」とニッコリww。
二人のラブラブな雰囲気に挟まれた和樹くんが居たたまれなくなって椅子を引いて二人のラブ目線が合うように気を遣ってたのがちょっと気の毒なくらいでww。もうそのくらい沙也加ちゃんと凰稀さんは仲が良さそうな雰囲気でしたね~。なので、もうリアルな気持ちのまま接してるとのことで。

「毎日どんどん好きになるんです!…ってなんか、公開告白みたいになっちゃった!!」

って凰稀さんへの愛を熱く語りすぎて恥ずかしくなっちゃってたのがやたら可愛かった😊。もう十分最初から公開告白の雰囲気だったよww。対する凰稀さんも「私も大好きだから安心しきっちゃってるんですよねぇ」とおっとりラブ目線送ってて、和樹くんの椅子がさらにどんどん後ろに下がっていっちゃって「どうぞ続けてください」と目を伏せながら手でゼスチャーしてたのが笑えました(笑)。

そんな雰囲気のなか和樹くんの印象を聞かれた沙也加ちゃんw。すると「加藤さんはですねぇ」と明らかにラブ度が低下www。舞台の上ではあんなに熱烈なのにwww!!

でも、和樹ロナンの一番好きなところは1幕で「助けてくれたお礼だ」とキスした後に歌う「二度と消せない」とのことで。いつも舞台袖に下がった後も一緒に歌っているのだそうです。
といいつつも・・・「でも私、凰稀さんが大好き」って付け加える沙也加ちゃんにみんな大爆笑ww。和樹くん、彼女の中では完全に負けてしまっているようでした😅。

 

最後にひとこと

劇場が笑いに包まれたところで「シャラララ~~」という終わりを告げる効果音がw。

最後は主演の和樹くんから挨拶。

「本日はありがとうございました。大阪公演に来て、一日一日同じものはなく、キャストも変わると雰囲気も変わります。その日その日を一生懸命生きているので、またこの熱を感じに来ていただけたら嬉しいです。またぜひ足を運んでください」

※こんなニュアンスでした。

綺麗な挨拶で〆となり、トークショーはお開きとなりました。

去り際は沙也加ちゃんと凰稀さんが超ラブラブモードで手をつないでて(笑)。袖に入る前に和樹くんと沙也加ちゃんの目が合って「どうしようかな~」みたいな雰囲気になったのですが、結局は凰稀さんと手を繋いで帰ることを選んだ沙也加ちゃんww。そんなラブラブな二人を置いてけぼりみたいな雰囲気で苦笑いしながら見送って最後にタジタジと帰ってく和樹くんが面白可愛かった(笑)。

楽しいトークショーをありがとうございました!

ちなみに、6月6日観劇の時に入場者限定のカレンダーカードが配られまして。袋に入ったまま渡されるのでどのキャラクターが当たるのかは開けてからのお楽しみでした。

私は渡辺大輔くんのデムーランカードをゲット!!カッコいいです😍。

次回の観劇時にはキャストのサイン入り手拭いがもらえるらしいのでそちらも楽しみ~。