2018.09.18 テンプレート変更のため、スマホのメニューは下の方に移動しました。

ミュージカル『コメディ・トゥナイト』アフタートークショー

4月19日16時30分開演のミュージカル『コメディ・トゥナイト~ローマで起こったおかしな出来事 江戸版~』の終演後にアフタートークショーが開かれました。

最初から出ていた情報ではなく公演中にポッと出てきた企画で狙ってこの日のチケットを撮ったわけではなかったので、トークの日に偶然当たってラッキーでした。チケットの変動などの関係でこういう突然イベントが入ることってよくあるんですよね

スポンサーリンク

『コメディ・トゥナイト』アフタートークショー
2017.04.19マチネ終演後

トーク参加者

第一部 片岡愛之助さん

第二部 高橋ジョージさん、鈴木壮麻さん、平野綾さん

カーテンコールの時に愛之助さんが「また後ほど~」と言いながら捌けていったのでw、あれ、トークショーに急きょ参戦か!?と思ったら・・・2部制になってました(笑)。3人が登場するまでの繋ぎといった感じで、ABCアナウンサーの司会の人と愛之助さんとで少しの間だけトークが展開されました。こういう愛之助さんのサービス精神旺盛なところ、大好き

片岡愛之助さんミニトークショー

Q.初ミュージカルでの感想は?

普段は歌舞伎役者として松竹座の舞台にも立たせてもらってますが、違う種類の舞台でここに立っていることが非常に不思議な気持ちです。(これを言う前に、「知らない人もいるかもしれないけど私実は歌舞伎役者なんです」とアピールしてて笑ったww)
皆さんのおかげで楽しく舞台に立たせてもらえてます、ありがとうございます!(ここで大きな拍手と共に松嶋屋!という大向こうもちょっと聞こえて微笑ましかったです)

Q.出番の多さについては?

こんなに長い時間舞台の上にいるのは初めてですが、東京と大阪のお客さんの違いなどがあって楽しんでます。大阪のお客さんは花道から登場すると「出てきたで~!」と口々にざわめいているのが聞こえてきてwww、たまに触ろうとするお客さんまでいたりすることもあるんだけどww、そんな大阪の雰囲気が大好きです。(愛之助さんは大阪人ですからね、そういう大坂独特のテンションが嬉しいようです

Q.大阪の雰囲気は?

親しみやすさがあるし、大阪に帰ってくるとやはりホッとします。

ここで愛之助さんのトークショー、タイムアップ。翌日がガッツリ愛之助さんのトークショーがある日だということをやたら力説して宣伝(笑)。「ありがとうございました~」と去っていく間際には「この後のトークショー、めちゃめちゃ盛り上がると思うのでどうぞお楽しみに!」と盛り上げることを忘れないところもさすがです。
短い時間でしたが、愛之助さん、トーク参加してくださりありがとうございました

高橋ジョージさん、鈴木壮麻さん、平野綾さんトークショー
https://twitter.com/comedytonight17/status/854664426594508800

司会は立てず、ジョージさんの進行でトークが進んでいく形でした。けっこうぶっちゃけトーク多かった(笑)。

三人ともジャンルが違うという話題からスタート。ジョージさんは歌手でタレント、壮麻さんはミュージカルスター、平野さんは声優さんと多種多様な三人の登場です。

ジョージさんが「僕は知らなかったんだけど、帝劇のミュージカル界での重鎮です」と壮麻さんを紹介すると「いやいや」と謙遜して照れて可愛かった、あの衣装ですけどww。この6月で舞台生活35年を迎えるんだそうですよ!!もうそんなかぁ。劇団四季の「芥川英司さん」としてファンになった私ですが、退団してから今の名前になってもかなり長いですよね。
で、ジョージさんも芸能生活35年だそうで「同じ35年なのになんで俺はジジイ役でそっちが侍役なんだ」とボヤきまくってましたww。
平野綾さんは今年でちょうど20周年になるのだとか!すごく若く見えるけどキャリアはかなり積んでいるんですね。最近ではミュージカルでも活躍してるしほんと凄いと思います。

で、コメディを演じるのが初めてだというジョージさん。「最初の一幕は演じてて何をやってるのかっていうか、あんまり面白くない」とぶっちゃけwww。慌てたように壮麻さんが「楽しそうにやってらっしゃいますよ」とフォロー(笑)したにもかかわらず「つまんないよぉ」とぶっちゃけまくりのジョージさんに会場爆笑ww。2幕からはやってて面白いと感じるんだそうです(笑)。
先日の公演では最前列に子供が座っていたのが目に入ったというジョージさん。「僕の役は本来と違って(ここで爆笑されてツッコミいれてましたがww)エ○爺じゃないですかw。内容的にも下品で客席が引くのを感じたので(自覚あるのかwwww)子供用にセリフを急きょ変えたんですよね」というぶっちゃけ話が飛び出してもう大爆笑

ジョージさんのエンジンはさらに全開度を増していきw、壮麻さんの衣装を見て「よくその衣装着れますよね!?コンビニとかこれで絶対入れないでしょう!?」とツッコミww。うん、私もそう思って見てた(笑)。するとノソ~っと壮麻さんが立ち上がって「これですよねぇ」と会場に改めて見せると、「ほら!会場の皆さんも引いてる!!」とジョージさんが猛ツッコミしててまた爆笑wwww。コラwww!!

さらに話は舞台上での失敗談についての話題へ。
クライマックスシーンで川端との関係が明らかになるとき、壮麻さん演じる荒尾と平野さん演じるお美津が共通のお守りを持っていたと分かる場面があるのですが…壮麻さんはダイナミックに笑いながら芝居していたせいか首の奥にあるお守り袋からお守りがなかなか出てこなくて大変なことになった日があったらしいです。周りに焦りの色が見えつつも必死に芝居でつなごうとしている様が、ジョージさん的には「面白かった」のだそうwww。そりゃ、笑い堪えたくなりそうだ(笑)。「コメディは人の失敗が面白い」とグイグイのジョージさんに「ひどいなぁ」と笑ってる壮麻さんの図も面白かったぞ
このシーンでは平野さんもやらかしたそうで…お守り出さなきゃいけないのに入れてくるのを忘れてしまった日があるのだとかwww。ジョージさんや内くんに救いの目を向けまくってた平野さんでしたがどうすることもできず(笑)、結局「私も同じの持ってました」と過去形でごまかしたそうです

そんなジョージさんは意外にNGがなかったらしいです。それは平野さんも壮麻さんも認めてたのでたぶん本当
で、ラストシーンでジョージさんが演じる布袋屋さんが語るセリフがあるのですが…それについてSNSで「自虐」とか書かれているのを見て憤慨してたらしいですwwww。「あれは、本当にこの台本に書かれてるんです!」と力説。いやだって、セリフの内容が「結婚はそんなに甘くないぞ」みたいな感じですからねぇ~、そう思っちゃいますよ、どうしたってw。「あのシーンは舞台の内容とは違う意味で笑いが起こってる感じがする」とご不満な様子のジョージさんw。さらに「よく大阪来たなっていう笑いに聞こえる」と自虐気味にぶっちゃけまくってて壮麻さんも平野さんもどう反応していいのかアタフタしまくってて会場またまた大爆笑でした
これを言った後に色々と思いがよみがえったのか舞台の方までズイズイ出てきて「前の奥さんはもういいんですけど、子供だけには会いたくて毎回舞台来てくれてないか見てるんですけど…」とお子さんを探し始める事態に。これは本気のやつだなと壮麻さんも平野さんもピンときてて軌道修正させようと必死になってましたw。

ようやく軌道修正した後次に登場した話題がルー大柴さん。ジョージさんによると、ルーさんはセリフをほとんど覚えてこないらしいです(笑)。ジョージさんが舞台に登場してルーさん演じる金吉と会うシーンで突然「あ!?なんだよ!」と返されてビビったそうなwwww。主人に対しての態度じゃなかったと(笑)。平野さん曰く、あの時急に出ちゃったんだそうww。
それでも、あるアドリブシーンは毎日変えて演じているのがすごいと絶賛!「何度も来れば分かると思うので」とアピールする平野さんですが、それに対して超ぶっちゃけ発言をかましたジョージさんに壮麻さんも平野さんもビックリwwww。これは怖くてちょっと表には書けないけどw、思わず吹きました「ジョージさんの目が野鳥の会みたいになってる」とツッコミ入れた平野さんが面白かったwww。
するとまたまたジョージさんが「娘探してるんですよ~」とそっち方向になり舞台の前まで出てきて野鳥の会並みにそれらしき人を探し始めちゃってw、平野さんが必死に「娘さんをここで探さないでくださいっ」と軌道修正してました。もうねぇ、あれはほんとマジですよ。『しくじり先生』に出た時も娘さんのことを思い出して涙してたの見てるので、ちょっと気の毒だなぁと思っちゃいました。「明日Ya○ooニュースに載ると思うけど」って自虐的に言ってましたが…たしかそこには載ってなかった気がします。頑張れ、ジョージさん!

唯一上山くんとダブルキャストだった壮麻さん。大阪ではピンキャストになったということで「毎日ヒーヒー言いながらやってますけど、皆さんよくあんなに動けてますよね」と感心。「中高生のように、舞台やって宿舎戻ってっていう規則正しい生活してますよ~」とコメントした壮麻さんに「えらい!!!」と絶賛するジョージさんwww。誰よりも早く劇場に来て声を出しているのだそう。やはりそういうところはミュージカル役者のプロとしての姿勢だなぁって思いました。「俺なんか舞台の直前まで飲んでますからね」とぶっちゃけるジョージさんにまた爆笑www。「これホントの話なんですよ!」と平野さんが言ってたなww。

そんなジョージさんの第一印象は、壮麻さんも平野さんも「怖い人」だったそう。でも、稽古場で会ったら「すっごい優しい人だったんです」と絶賛。これを聞いたジョージさんは照れながらも嬉しそうにしてて微笑ましかったです。照れ隠しに「いくら欲しいんだよ!」って二人にツッコミ入れてたのが面白かったwww(えーとーって本気で返そうとしてた壮麻さんにも笑ったけどw)
ジョージさんはオリジナルの「ローマで~」が好きでよく見ていたこともあってか、稽古場でもこの作品の中でのコメディについてアドバイスすることが多かったようです。「ミュージカル役者さんはけっこう真面目な人が多いから堅かったんだよね」ってぶっちゃけててw壮麻さんが「すみませんでした~」と謝ってたのが面白かった

♪ロード 三重唱

楽しいぶっちゃけトークが区切りを迎えたところで、ジョージさんが「ぼくの唯一のヒット曲(笑)ロードを三人で歌いたいと思います」と言い出してギターを取りに袖に行かれました。
ジョージさんが3人で『ロード』を歌うのは今回が初めてとの事で、壮麻さんも平野さんも「そんなはじめてに自分たちを選んでくれて本当に光栄です」と感無量の様子でした。「あ、スマホ持ってくるの忘れた!誰か袖で記録しておいて~」と壮麻さんもかなり楽しみにしていたよう。

がっつり、三人でのフルコーラスの『ロード』を聴くことができて…本当に貴重な時間を過ごすことができました!ジョージさんの味のあるギターの音と、三人のしっとりした重なる声がドラマチックで感動的。最後は客席も一緒に合唱して一体感があってとても良かったです

歌い終わった後、再び娘さんに向けて「お父さん26日までいるからな!」と猛アピールするジョージさん。同じ大阪にいながら愛する娘さんと会えないというのは辛かったと思います。結局最後まで会えなかったそうですが、いつか時間が解決して再会の時を迎えられたら…と思ってしまいました。その日まで、ジョージさん、頑張ってください。

以上、大盛り上がりの『コメディ・トゥナイト』アフタートークショーのレポでした。