劇団四季ミュージカル『美女と野獣』2011.09.01マチネ

再び夏劇場で上演中の『美女と野獣』を観に行ってきました。前日にマンマを観ているので、正直連ちゃんは…という迷いはありましたが…イベントという名前に釣られてついついw。

ちなみにこの日の上演回数は4060回。前回が4050回だから、ちょうど10回ぶりってことになるのかな。

いやはや、なんとも不確実な発表だったよ、今回…。もう抜けてしまったのかと一度はかなーり凹みましたからねぇ…まだいるって情報が流れた時にはホッとしました(手放そうかとも思ったので 爆)。で、劇場に入ってこの目で確認してようやく安堵したって感じの一日でしたww。

で、さらにこの日はトークイベント。BBのイベントはこれが初参加なのでとても楽しみにしていました。事前にゲストはアンサンブルさんが多いよって聴いていたのですが、それはそれで色んな話が聞けるだろうなと。ただ、この日は1周年記念イベント最終回ってことだったので、あわよくば、アイーダの時みたいに特別ゲストで主人公クラスの役者さんが出てくるかもっていう期待はありました(笑)。

終演後、ロビーに出てしばらくしてから再入場。少し時間が押してまずは司会担当のガストン役田島亨祐さんが下手扉から登場。あ、BBって舞台からゲストが出てくるんじゃないんだって思ってしまった(笑)。ちなみに田島さんはこれまでのトークイベント全てで司会を担当されてるそうな。さすがは元先生。

スポンサーリンク

田島さんの紹介で他の3人のゲストが登場してくるわけですが…舞台下手扉から入ってきたのは
チップ役の牧野友紀さん、ナプキンガール役の成松藍さん、そして大きめの男性…。私、最初入ってきた男性見て「アンサンブルの人かなぁ」って思ってて、次に「あ、道口さんかなぁ」とかノホホンと思っていたら…隣に居た友人が激しく私つついてくるんですよ(笑)。正面にやってきた時にようやく気がついた私!!!

なんと、普通にゲストでビースト役の飯田洋輔くんが参加してるじゃないかい(衝撃)!!!

あまりにもビーストでのオーラが消えていたので近くに来るまで全然気づかなかったよ(汗)。これで私のテンションが一気にヒートアップしてしまったのは言うまでもありません(笑)。表向きは平静を装ってトーク聞いてましたが、内心はもう嬉しくて顔の頬が上がりそうになるのを必死に抑えてる状況でございました(爆)。あぁ、ビックリした。衝撃的なオープニングだったww。
トークの内容を簡単にメモしてきたので少しご紹介。ただし、上記のように個人的に相当浮かれていた状況なのであまり細部までは覚えてません(笑)。

まずはテーマ語りということで『初恋』について。

田島さん
小学校4年生の時に転校してきた女の子に片想いしていたそうで。彼女のおばあちゃんが近所にいたこともあり親しくなれるかもと期待を膨らませつつそのまま過ごし、中学に入ってようやく告白したところ見事に玉砕してしまったそうな。なんとも苦い初恋経験を情感豊に語ってくださいましたw。

牧野さん
幼稚園の時に転校してやってきた男の子に7年間くらい片想い状態だったそうな。それでも結局1度も告白できずに終わってしまったとの事。なんとも可愛いほろ苦い初恋経験でした。話す前に田島さんが「えっ、幼稚園まで遡っちゃうの?」みたいにツッコミ入れてたのが笑えたw。

飯田くん
マイク渡されてもホワワン~とした感じで(笑)「えー、恋をしていたのかそうでないのか、ハッキリ言ってよく分からないんです」と一言w。田島さんからは「えぇ!?」というツッコミも。いやいや、飯田くん、なんか、すごーく素朴だわ~~。「僕はどちらかというと恋に対してイケイケなほうじゃないので、告白せずに終わるパターンばかりかも」みたいなことを言って笑いを誘ってました。そんな感じがしたよ(笑)。可愛いぞ、飯田くんっっ(←妙にテンションアップする私w)

成松さん
バレエを習っていたときに発表会があって、そのときにパートナーをしてくれた男性ダンサーの方に恋しちゃったそうです。ところが発表会当日になって相手の方が怪我で出れなくなりそのまま何もいえずに終わってしまったという哀しい初恋経験だったとか。辛かっただろうねぇ…。

というわけで、初恋テーマの話は皆さん切ないものばかりでございました(汗)。田島さんが「まだみんな若いんだから!」みたいに3人を励ましてたのが微笑ましかったww。

スポンサーリンク

次にクイズ大会。これがあると知っていたらもう少し気合入れて情報仕入れてたのに(笑)。これは前に参加したイベントと同じように参加者が立って間違えた人からどんどん座っていくというスタイル。私はこの手のクイズに残ったことがないので嫌な予感がしましたが…案の定1問目から玉砕いたしましたw。

ちなみに出題されたのは以下の問題。全て3択。

  1. 美女と野獣に出ている出演者は全部で何人?
    A.31人 ←私はここで玉砕w
  2. 2幕でチップがルフウに進めた飲み物は?
    A.紅茶 ←皆さん正解して牧野さんホッw
  3. 飯田くんが夢と魔法の国wでバイトしてた時にいたアトラクションは?
    A.ベネチアンゴンドラ
    (この質問でさらに人数が減ったんですけど、この時のバイト経験がすごく楽しかったらしくニコニコしながら解説してた飯田くんの姿がやたら可愛かったですw)
  4. ナプキンガールの帽子に乗っている物は?
    A.フォーク

最後は質問コーナー。いつものように自然に質問する紙が配られてあったので、それを田島さんが選んで質疑応答するっていうスタイルでした。

スポンサーリンク

美女と野獣を演じるのにどんな稽古をしてきましたか?

牧野さん
京都の時に初めて出演することになったのですが、稽古中は人が少なくて大変だったそうな。本番の時に周りのキャストに助けられて演じたことが思い出深いそうです。

飯田くん
セリフのある役はビーストが初めてだったそうな。広島公演あたりの時にこの役の話をもらい、そこから約2年間必死に訓練つんで京都デビュー。凹みそうになったことも何度もあったけど、どの役もそうだと思うのでとてもいい経験だったと感慨深げに語っていたのが印象的。「今も一日一日いいものを届けようと頑張っているので、よかったら明日も観にきてください」っておっとり語る飯田くん(笑)。ヒィィ~、今の私にそれはあまりにも刺激的な殺し文句だ、飯田君よ~~w。毎日でも会いたくなっちゃうじゃないかっっwww。

舞台に立ってる時は緊張しますか?緊張をほぐす方法は?

牧野さん
舞台の上もトークの今もものすごーーく緊張してますとのことで、可愛い。緊張しいには思えないくらい堂々とした舞台なんだけどね。緊張する時には笑うように心がけているそうです。

田島さん
舞台よりもトークのほうが緊張するとのことですが…えぇ!?その堂々とした司会っぷりからはそうは思えないけどなぁ(笑)。舞台上のほうが客席が暗くて見えないので緊張しないらしいですw。緊張をほぐす方法としては、呼吸を深くするといいんだとか。腹式呼吸とかいいらしいですね。

最近ハマっているものは?

田島さん(←みんなが考えている様子だったので率先して自分から語るところが優しいわ~)
ハマッてるのはマンガだそうで、今はワンピースがお気に入りなんだとか。あとは「宇宙兄弟」も好きらしいですよ。もうひとつなんかマニアックなマンガの名前があったけど忘れちゃったw。意外と掘り出し物が多いので皆さんも是非万が読んでみて、と宣伝するところがいいわ~。

牧野さん
カレーにハマッているそうで、ルーを細かく砕いて色んなものを作るのが好きなんだとか。この話にはけっこうみんな食いついてて、飯田くんが隣で「へぇぇ」って顔してシゲシゲと聞き入ってる姿がやたら可愛くて一人で超萌えてました(笑)。

飯田くん
この回答の前にずっとキョロキョロして「あれもこれも…」みたいに考えてる姿がやたら可愛くて激萌えしたんですが(笑)、たしかにたくさん出てきましたw。まず最初に出てきたのがスマートフォン。どうやらつい最近手に入れたらしくてアプリをかなり楽しんでいるらしい。「あれ、本当に楽しいですよねぇ」と嬉しそうに語ってる姿はホントに普通のお兄ちゃんw。YouTubeとかよく見てるらしいですよ。
それから野球。チーム名は出てきませんでしたがどうやら阪神ファンのようで、混戦するセリーグから目が離せないらしいw。そしてシリコンスチーマー「これはいいですよぉ、便利ですよ~」と嬉々として語ろうとしたものの「僕ばっかり話しすぎると時間が…」と気を遣って話が終わってしまいましたww。ハマりものについては飯田くん、けっこう語りたかったみたい。もっと聞きたかったなぁ~。

成松さん
筋トレにハマッているとのことで。あの素晴らしいスタイルはやはり日々の鍛錬から作られているんですなぁ。オススメなのは骨盤を動かすこととのことで、骨盤運動を中心にやっていると徐々に痩せてくるのでいいですよ、みたいな感じで語ってくれました。

以上でオフステージトークイベントは終了。最後はみんなで手をヒラヒラさせながら舞台下手扉から帰っていきました。田島さんは最後に「台風来てるので気をつけて」と気遣うお言葉も。田島さん、楽しい司会をありがとう!

飯田君はもう、本当に素朴な感じの子で…顔はすごく精悍なのに(目元が祐一郎さんに似てるかも)ホワっとした雰囲気でそのギャップがたまらなく可愛かった!最後もちょっと遠慮気味ながらもニコニコと客席に手を振ってて…超萌え(笑)。なんかこのトークショー見て、私はこの飯田くんが演じてるビーストに惚れたんだなと再確認しましたw。いい声してすごく男前なんだけど、役者オーラみたいなものはほとんど感じられなくて…どことなくおっとりした感じの好青年ってイメージだったなぁ。すごい好みだww。

全体的に和やかな雰囲気だったトークでしたが、落ち着いててポワッとした感じで楽しかったです。飯田んくも来てくれたしね(笑)。参加できてよかった~。

劇団四季ミュージカル『美女と野獣』感想一覧

主な出演者

ビースト:飯田洋輔、ベル:坂本里咲、モリース:林和夫、ガストン:田島亨祐、ルミエール:道口瑞之、ルフウ:遊佐真一、コッグスワース:青木朗、ミセス・ポット:早水小夜子、タンス夫人:倉斗絢子、バベット:小川美緒、ムシュー・ダルク:寺田真実、チップ:牧野友紀

次のページは、ネタバレ含んだキャスト中心感想になります。