ミュージカル『アナスタシア』ロングバージョン動画公開

舞台観劇ブログは久しぶりの投稿になります。だいぶ書かない期間が長かったので、忘れ去られた場末のブログ感がさらに増してしまったのではないかと(苦笑)。

新型コロナ禍の影響がまさかこんなに長引くなんて…2月3月の時点では思いもしませんでした。私の観劇予定は2020年が始まった時点では8月まで決まっていたのですが、気が付けば8割が中止払い戻し対象となってしまい遠征どころか香川県から一歩も出れてない状況です。
今のところ、8月末の地元での『巌流島』と9月のラミン来日公演の2作品が手元にありますが…これらも無事に公演されるのか今もって全く分かりません。特に9月は難しそうだなと覚悟してます。来日は…無理だろうなぁ、きっと…。

その間ネットでの演劇支援活動も広がりを見せており、私もいくつかのクラウドファウンディングに参加させていただきました。そのうちの一つ「Show Must Go On」という企画があって、つい先日1冊にまとまった冊子を送っていただきました。

この本には、自粛期間中の役者さんやスタッフさん、ミュージカル関係者の皆様などのリアルな声が詰まっています。彼らが何を想い、何を感じてこの期間を過ごしているのかが伝わってきて胸が熱くなりました。
そのなかでも、ミュージカル大好きで知られるフジの笠井アナウンサーの寄稿は印象深かったです。病も確実に回復へ向かっているようで本当に良かった。

スポンサーリンク

生の舞台での公演がほぼゼロに等しく秋以降もどうなるか分からないなか、YouTubeなどの動画での配信活動が増えてきました。ミュージカルで活躍する役者さんたちのなかでも自分のページを開設した人がたくさんいます。

たまにその動画を見たりして楽しませてはもらっていますが・・・どっぷり浸りながら見る時間もなかなか持てないしで、そっち方面では少し遅れ気味の私です。

さらに、舞台公演のいくつかもネット配信する流れが出てきました。興味があるものもありましたが、こちらもなんとなく気分が乗らなくてスルーしがちです…。
生で見た舞台を映像化したものを観ることはあるのですが、一度も観たことのない演劇をネット上だけで見るというスタイルに、今ひとつ私自身が乗れないというのもあります。でも、パフォーマンスを封印されてしまった皆さんが、何とか活路を見出そうともがいての策だというのも痛いほどよくわかる。本当はお客さんの前で板の上に立って生の舞台を演じることが一番いいと誰もが思ってるはずですが、今はそれが許されない状況なので…。

ただ、ネット演劇といった分野が主流になっていくのはちょっと抵抗がある。「生」の芝居で得る感動は何にも代えがたい瞬間だと思っているので…。いくら時間がかかっても、なんとかその文化だけは守り抜いてほしいと思っています。そんな思いでクラウドファンディングにも参加しましたが、それでもまだ金銭面は厳しいようで…どうにかもう少し救いの手は伸びないものかなとも思います。

スポンサーリンク

前置きが長くなりすぎましたが(汗)、このほど、ミュージカル『アナスタシア』ロングバージョン動画がYouTubeにアップされました。

前にも書いたと思いますが、2020年の観劇予定作品のなかで一番楽しみにしていた作品が『アナスタシア』でした。東京公演1回、大阪公演3回、合計4公演分のチケットを確保してものすごく楽しみにしていました。
が、結局1度も見ること叶わず…。その時のショックは正直かなり長く引きずってしまっていて…公演中にアップされたダイジェスト映像も悔しすぎて見る気持ちにはなれませんでした。

が、少し時間が経ったことで…ロングバージョン動画を見る気持ちになり、ついに、再生ボタンを押しましたw。

ミュージカル『アナスタシア』日本初演公演スペシャルプロモーションビデオ

あーーーーーー、観たかったぁーーーーーー!!!!

ますますそんな気持ちにさせられる動画だったw。約3時間を3分ちょいにまとめた動画なので正直流れ的に「?」と思う部分もありましたが、それでも、実際生で見たら涙が出るほど胸が躍っただろうなと思うには十分な映像でした。

私はこの作品のアニメ映画が大好きで、公開当時は映画館に3回くらい通うほどでした。それだけに今回のミュージカルめっちゃ楽しみにしてたんですけどね…。
で、音楽は映画版とほぼ同じなんだなということが判明。アーニャが歌う「Journey to the Past」は制作発表の動画でもよく流れていたので知っていましたが(ちなみに映画の中で一番好きなのもこのナンバー)、ヴラドとディミトリとアーニャで歌う「Learn to Do It」や、パリに到着した時に歌う「Paris Holds the Key (To Your Heart)」もあったんだと。どれも本当に大好きな楽曲だらけなんですよね、この作品。

スポンサーリンク

アーニャ役のわかなちゃん晴香ちゃん、めっちゃイメージに合ってます!!清楚でちょっと勝ち気で可愛らしい雰囲気がぴったり。わかなちゃんはまた歌が上手くなってるのではないでしょうか!?生で聴いてみたかったよーーー!!

ディミトリには映画には出てこなかった新曲ナンバーもけっこうあったようですね。映画では石川禅さん(舞台ではヴラドを演じていました)がディミトリ役だったのですが、その割にはソロナンバーが少なくてちょっと残念って思ってたのですが、舞台版では増えてたようで…あ~~~~、聴きたかった!!!
海宝くんも、相葉くんも、内海くんも、若々しく爽やかなディミトリで…動画ではそれぞれちょっとしか見れないのが本当に残念としか言いようがない!!

動画を見ていて一番流れが掴みづらかったのが新キャラのグレブの場面。映画に登場したラスプーチンは舞台では出てこないということで、敵対する立ち位置に置かれたのがこのグレブというキャラだったらしいという情報だけは掴んでいます。

山本耕史くん堂珍嘉邦くんのちょっとダークで哀しい雰囲気だけは伝わってきたのですが、グレブの背負ってきたもののドラマがあの短い動画では描き切れてなくてモヤモヤしてしまう(汗)。
たぶん、絶対、あのキャラ私大好物だったと思うんですよねぇ(笑)。あーーー、二人の演じる切ないグレブ、観たかったよ!!!!ちなみに、ラミンはオリジナルでこの役演じてたんですよね。こちらもかなーり見てみたい!

とりあえず、アニメ映画版をもう一度見たくなりましたw

アナスタシア【Blu-ray】 [ メグ・ライアン ]
楽天ブックス
¥ 1,100(2020/07/08 18:37時点)

舞台版にも出演していた石川禅さんが声を充てるディミトリも最高にかっこいいんだよー。この映画で禅さんのことさらに好きになりましたしね。

ああぁぁ・・・本当に観たかったよ、ミュージカル『アナスタシア』・・・。今の状況ではなかなか公演も難しいと思うけど、それでも、世の中が落ち着いた頃に、その早い時期に、もう一度公演してほしい!!絶対に生で見たい・・・!どうかどうか、この願いが叶いますように…。それが実現する日まで、死ねない…!

観劇予定がほぼ0に近い状況なので、こちらの観劇感想ブログになかなか記事を書けないことになってしまっていますが、少しずつ何かしらこんな感じで続けられたらと思ってます。動画を見ての感想とかまた気持ちが動いた時にアップしていこうかと。

ちなみに、過去ブログから移転させる作業もちまちまやる予定です。