『銀河鉄道999 ~GALAXY OPERA~』大阪公演 18.07.26 アフタートークショー

舞台『銀河鉄道999 ~GALAXY OPERA~』大阪公演 7月26日マチネ公演の後にアフタートークショーが開催されました。


参考 本編感想はこちら↓
舞台『銀河鉄道999 ~GALAXY OPERA~』大阪公演を観てきた感想。2018年7月26日マチネ公演を観劇。シアタードラマシティにて上演。主な出演は中川晃教(星野鉄郎)・ハルカ(メーテル)・平方元基(ハーロック)・凰稀かなめ(エメラルダス)・入野自由(トチロー)

この日はマチソワ(マチネ公演とソワレ公演)だったのですが、珍しくマチネ公演後にトークショーがセッティングされてました。こういう舞台後のトークって、だいたいソワレに行われることが多いのでラッキー😀。

ちなみにチケットを取った当時もトークショーのことは気にしていなかったので(遠征日程の予定が合ったというところで確保したので)、当日にトークショーあると知ってビックリww。お得感満載な気持ちで観劇することができました😁。


以下、ネタバレを含んだレポートになります。ご注意を。


スポンサーリンク

舞台『銀河鉄道999~GALAXY OPERA~』大阪公演 アフタートークショー 2018.07.26マチネ後



参加メンバー
中川晃教くん(星野鉄郎役)・入野自由くん(大山トチロー役)・平方元基くん(キャプテン・ハーロック役)・雅原慶さん(シャドウ役)

司会は入野くんが担当してました。

まずトークショーの準備が進められる中で車掌役のお宮の松さんが登場してお客さんいじり(笑)。この時にまた「歌わないの僕だけですよ」と自虐的にボヤいてて大いに笑いを取ってましたww😂。
あと、誰のファンなのかを客席の拍手の数で調査みたいなこともやってたなw。ただ、参加メンバーを若干間違えてたみたい😅。

十分に客席の空気が温まったところで、トークショー参加メンバーと交代。お宮の松さん、前説ありがとうございました!

それぞれまずは簡単に自己紹介を済ませてから本格的にトークショーがスタートしました。


とにかく暑い!

東京、北九州とツアー公演を続け、大阪が最後の上演地となった999カンパニー。ということで、大阪の印象は?というのが最初の質問。それに対してあっきーが・・・

「暑くてたまらない!!」
と、かなり参っていた様子。外も異常な暑さが続いていましたが、舞台上でも出ずっぱりなあっきー。比較的汗っかきな体質ということもあってかなり大変なんだそう。

その中でも一番「暑い!!」と感じるシーンが・・・美山さん演じるクレアが毛布でグルグル巻きにするところだとwww。鉄郎が極寒の地でシャドウに凍死させられそうになってしまうのを、寸でのところでメーテルに救われて銀河鉄道に戻るんですよね。で、体を温めるためにクレアが必死になって鉄郎の体に何重もの毛布を巻きつけるっていう場面があるんですよ。

あの時は「心と裏腹のこと(=寒い!!)を言わなきゃいけないので大変」とあっきー苦笑いww。
たしかに、この季節であの毛布グルグル巻きは見ている方も「暑そうだ…」と汗かきそうになったな😅。あっきー、お疲れ様でした。

この話を聞いてた雅原さんが役になりきって「もっと冷やしてあげましょうか~~」とニヤニヤしてたのも面白かったですwww。けっこうSなんでしょうかww。
それに対して「慶ちゃんの歌声は聴いてるだけで鳥肌です」と絶賛。たしかに!!っていうか、あっきーは雅原さんのことを「慶ちゃん」って呼んでるんだ~、と、ちょっと嬉しくなりました😊。

そんなあっきーですが、毎朝必ずプールで泳いでくるんだとか。今回に限らず、公演前や稽古中でも泳いでから来るって話してて、客席が「ほぇ~~!」って感じでざわめいてました。
たぶんファンの人にはもうお馴染みのエピソードなんだと思うんですけど、あっきーにとって泳ぐということは体調をリフレッシュするために必要なことなんだそうです。「なんか水と相性がいいみたいなんだよね」って語ってたな。あっきーは水の精なのかもしれん😃。

「今度一緒に泳ごう」と入野くんを誘ってたあっきーでしたが、入野くんは「なんか恥ずかしい」と苦笑い状態でしたww。


初めての大阪

今回一番驚いたのが、雅原さんが大阪で舞台に立つのはこれが初めてだということでした!!劇団四季は全国で公演を行うので、約8年間在籍していた雅原さんは何かの公演で来る機会があったとばかり思っていただけに本当にびっくりしました😮😮。

入野君も「四季で色々な公演に行ってたと思うのですが、大阪初めてなんですか!?」と驚いていた様子でしたね。

雅原さんによると、大阪以外の土地はほぼ全て公演したことがあるそうで、「関西出身なのに、見放されたんじゃないかと思った」と苦笑い。それだけに、今回大阪公演の舞台に立てたことは「本当に嬉しい」とニコニコしてました(ちなみに真っ白メイクなので、見た目ちょっと怖いwww)

そしてもう一人、元基くん。

大阪公演は来る機会が多いとのことですが、なんとドラマシティ劇場の舞台に立つのは今回が初めてだそうです!!これも意外~~~😮😮!!梅芸はあるけど、その下のドラマシティはなかったってことか~~。

「この劇場はお客さんとの距離が近くてライブ感があって良いですね」と嬉しそうにしてて可愛かった😊。

すると突然あっきーが「じゃあここで1曲歌ってもらいましょうか」と超ムチャぶりwww。客席が大いに沸く中、「いやいや、おかしいでしょっっ!!!」と大慌て(笑)。盛り上がるなかでも「歌いませんよっ!」と頑なに拒否しまくってると・・・

「ミュージカル俳優なんだから歌わなきゃダメでしょ」
と真顔でツッコミ入れてくるあっきーwwww。これ言われちゃったらねぇ(笑)。と思ったんだけど、結局うまく逃げてたなw。元基くんってなにげにイジられキャラなんでしょうか😂😂。


スポンサーリンク

特別ゲスト登場

入野くんが突然「ここで特別ゲストに登場してもらおうかと…」と言い出して、客席はもとより、トーク参加メンバーもみんな「誰!???」とどよめく一幕が。で、登場したのが・・・

『トリさん』wwww

舞台上で常にトチローの傍に居た”物言わぬゲスト”登場にみんな大笑いwww。

ちなみに、舞台では触れられることがありませんでしたが・・・トチローの相棒で、黒くて首とくちばしが細長い鳥がいるようです。見た目的には・・・黒い鵜とカラスの中間みたいなやつかなw。

駿河屋.jp

↑こんなかんじのトリさん。

登場するや否や、会場みんな大爆笑ww。

すると入野くんが”トリさん”に向かって「調子はどうですか?」と質問w。しかし当然のことながら反応がなく😅😅。これに対して元基くんに向かって「トリの声やってくれるって言ったじゃないですか!!」とツッコミ(笑)。
ハッと思い出したように「タノシイヨ」みたいに妙な声をハーロックの格好で披露してくる元基くん・・・非常にシュールな光景でしたわwwww😂😂。

このトリさんとはパンフレットの撮影にも実は登場していたらしいのですが…採用されることなくボツになってしまったらしいw。ということで、今回トークショーでもっとフィーチャーしよう!みたいな流れになったんじゃないかと😅。

そのあとも元基くんの「トリさん」声は続いたんですけどwww、なんか、まったりしたドラえもんみたいな感じで不思議と可愛く見えてきちゃったわ😂😂。

この「トリさん」は実はエメラルダスが墓地で歌う時にもひっそりと後部に登場していたらしく(遠くて気が付かなかったw)、エメラルダス役の凰稀さんが歌うとその圧で首がびろ~~んと反応して動いてたそうな(あっきー談ww)。


独特の衣装

今回の舞台は衣装もすごくこだわりがあるよねってことで、まずは雅原さんから。

入野くんが「その白いコンタクトってどこまで見えてるんですか!?」と興味津々。雅原さんの役のシャドウは顔がないっていう設定なので、眼球まで白コンタクトつけてるんですよね。
(一番席が離れていた)入野くんがちょっと微妙かも・・・」ってくらいの視力なんだとか。そんな状況であの芝居と歌・・・慶さん、すごくないっすか!?

役作りに関しては、「どう顔面を無くすか」というところをかなり試行錯誤したようです。最初は”のっぺらぼう”なマスクをつけるっていう案もあったらしい😑。それはそれでまた恐いww!
顔面も真白くしているので「毎回メイク大変じゃないですか?」と聞かれると、意外とあっけらかんとして「白く塗るだけだから簡単です」とニコニコ答えてましたね。

すると入野くんから「昔は緑に塗ってましたもんね」とツッコミがwww。つまりは、『ウィキッド』のエルファバの緑メイクのことですよ(笑)。ここツッコミ入ると「何かと塗ることが多い」とちょっと苦笑いな雅原さんw。
この話題に関してはあっきーが興味津々で、雅原さんに

「緑に塗るやつ、劇団四季のなんていう演目でしたっけ!?」
とグイグイwww(タイトル知っていながらの確信犯だったと思われますww)。彼女に『ウィキッド』とどうしても言わせたかったようだったな(笑)。どうやらあっきーは『ウィキッド』好きみたいですね😁。

元基くんはハーロックの衣装について。

「クオリティー高いよね!」と言われると立ち上がって全身のハーロック衣装を披露。客席からも拍手が沸いてました。が、マントについては「体育館にある幕みたいな感じ」と表現してて皆大笑いww。

「ハーロックの衣装似合ってるるよ!」とか「カッコいい!」とか、他の出演者からもかなり好評。そのなかで入野くんは・・・

「元基、足長いんだね・・・!」
とマジマジ見てて(笑)。「そこ見るとこ違うから!」って元基くんが照れまくってて可愛かったww。それに対して隣のあっきーが何かツッコミ入れたりワチャワチャして面白かったな。鉄郎にツッコミ入れられるハーロックの構図がかなり貴重www😂。

あっきーと入野くんは被っている帽子のクオリティについて。

トチローと鉄郎は同じ帽子をかぶっているのですが、「すごいクオリティ高く作ってくれてうれしいよね~」とシミジミ。でも、舞台から引っ込んだ後に移動したりするときはツバの部分が大きくてけっこう動くのが大変だったそうです。
この「大きな帽子」に関連してか、あっきーが突然

「黒柳徹子さんの頭もあんな感じなのかな」
とか言いだしてみんな爆笑www。「それを僕に振らないで」と入野くんも苦笑いww。なんか2人で「じゃあ黒柳さんの話題しようか」とかぼそぼそと始まったので「なんでだよ!」と元基くんがツッコミ入れてました😂😂。


作曲について

今回あっきーは舞台のメインテーマ曲を自ら作ったそうで、これに関して「歌うごとに変化したことってありますか?」と質問。
この回答途中にあっきーが元基くんに向かって「ちゃんと聞いてる!?」とツッコミ入れる一幕がww。「ちゃんと聞いてますよ!」と反論してた元基くんでしたが「どこかの可愛い子に目が行っちゃったんじゃないの!?」とあくまでもイジワルなあっきーww😁。これに対しての元基くんの答えが・・・「いやいや、皆さん可愛いから!」みたいなかんじで(笑)。しかもあっきーに見事にスルーされるっていう、ねww。
客席にそんな気を遣わなくていいのよ😂。

曲を作ったことに関しては、役者としてミュージカルの舞台に立つにあたって台本などを見ると「これはどういう意図で作曲してるんだろう?」とか気になることが多々あるそうです。芝居の中で生まれる音楽というものに興味が湧いていたので、今回作曲の機会をもらえたことはすごく嬉しかったと語ってましたね。
あっきーが曲を書いた舞台を観るのは私はこれで2回目。最初は『銀河英雄伝説』だったんですよね。演じたポプランのソロを作曲して歌ってた記憶があります。もともとあっきーはシンガーソングライターでしたから、歌の世界観とかはすごく良いものがありますよね。

今回曲を依頼された時点では、実はまだ台本ができていなかったのだそう。オープニングの部分しかなかったとのことで、どういうものにしていけばいいのか最初はかなり悩んだとあっきー。
テーマは「旅立ち」ということで、999が「1000にはならない未完成のもの」という意味を持つところから想像を膨らませていったと語ってました。ゴダイゴの楽曲へのオマージュも込めたとも言ってたかな。
1回しか見れなくてあまりよく覚えていなので😅、DVDが届いたら確認してみようと思います。


スポンサーリンク

舞台『銀河鉄道999』の音楽と役作り

この舞台で印象に残ってるシーンや歌はありますか?ってことで。

雅原さんは「メーテルと鉄郎が手を取り合いながら回ってる時に歌ってる曲」と発言。するとこれにみんなが同意してましたね。東京公演では舞台袖で入野くんと一緒になって真似して歌ってたらしいですw。

するとあっきーが「回る」にひっかけて久保田利伸さんの『ラ・ラ・ラ・ラブソング』歌いだしちゃってwww横にいた元基くんが「ホントに歌っちゃってる!!」とビビッてたのがかなり笑えました😂😂😂ww。

でもこれに関連させてあっきーが「最近はポップス音楽がミュージカルに取り入れられるようになってきたよね」ってコメントするとみんな「そうだよねぇ」と納得。確かに最近のミュージカルは音楽が多様になってきました。

今回の物語は、世界が機械人間化していくなかで、鉄郎たちがその意味を考え問い直していくような意味があると。その物語の冒頭としてどんな音楽で惹きつけていくか・・・というのは創っていくなかで色々と考えられたものになっていいるそうです。
今の時代に合った音楽表現は何かってなった時に出てきたのが、あの、ラップ音楽だったと。あのオープニングはけっこう斬新だったからね~。一昔前ではありえなかったかもしれない。

ちなみに入野くんが好きなシーンは「ハーロックの歌かなぁ」と。大きな拍手が起こると元基くんが「あの曲難しいんですよねぇ」とちょっと苦笑い。

彼によると、「普段よく一緒にいるあっきーの背中を見ながら歌うことになるので、より力が入る」とのこと。入野くんはそんな元基くんの後姿がカッコよくて大好きなんだそうですよ😊。


元基くんのハーロック役作りとして一番難しかったのは「声」だったそう。
アニメ版のハーロックはとても声が低いので、それを真似すると声ばかり気になってしまう危惧があったことから”自分らしいハーロック”というものを目指したと語ってましたね。
「声」に関しては雅原さんも「原作があると同声を作ればいいのか悩むよねぇ」と同調してました。

あっきーは「年齢が難しかったんじゃない?」と元基くん。「たしか鉄郎が16歳設定だったかと…」って言われると客席からは笑い声がwww。「今もう35です」と恥ずかしそうに告白するあっきー、可愛かったぜww!!でも、そんな年齢に全然見えないところが本当に奇跡だと思うよ😃。


と、ここまでトークが進んだところで「そろそろ終了」の合図が。
するとあっきーが足をバタバタさせながら「いやだ、いやだ~~~」と駄々っ子にwww。なにその少年っぽい可愛さwww😂。そんなワガママあっきーを見ながら雅原さんがメーテルになりきったように「鉄郎・・・」と呼びかけてたのがまた笑えた😂😂。

「年齢の話で終わっちゃったよ…」
とあっきー苦笑いでしたwwww。


トリさん声優大会

「もっと元基に話振りたかったのにできなくてごめん」って素直に謝るあっきー。それに対して「全然したよ」とニッコリする元基くん。二人ってこんなに仲が良かったのか!とちょっと感動でした。

ということで、最後にあっきーから一言…のはずだったのですが…、ここにきて存在感を増したのが”トリさん”です(笑)。

入野くんがトリさんに向かって「今日楽しかった?」と聞くと「スゴイタノシカッタ」(声・平方元基)と反応が(笑)。「さっきとちょっと声質が…」とさらにツッコミ入れられると「コエガワリシタ」(声・平方元基)と言い訳がwwwww。
もう皆大爆笑でしたが、あっきーは「関西のお客さんはもっと乗せなきゃダメ」とダメだし(笑)。ということで、他の人も”トリさん”をやってみようという流れに。

今日のトーク感想を聞いていくという体で。


雅原さんバージョン
「メッチャタノシカッタワァ~」(地元の関西風味ww)
かな~りいい感じの声優っぷりでみんな大拍手!!おお~~!って盛り上がったんですが、あっきーはそれが雅原さんだって気が付いていなかったらしくて「じゃあ慶ちゃんからどうぞ」ってwww。これには皆「今やってたばっかりだったじゃないか!!」と総ツッコミwww。


あっきーバージョン
「ミユクン、シカイアリガトウ」(最初のはあまりにも小さい声過ぎてやり直しさせられてましたww)
もうちょっと、あっきーの声優っぷりが可愛くて萌えwwww。


こんな感じで終了の音楽が鳴った後もずーっと大盛り上がり状態が続いてて、堪らず車掌役のお宮の松さんが「もう終わりだって言ってるじゃない~~~」と痺れを切らして出てきちゃいました(笑)。
それでもあっきーは悪びれることなく「車掌さんもトリさんの声やってよ!」とムチャぶりww😂。あっきーに頼まれたら嫌とは言えないお宮の松さんw。

「チケット余ってるんでぜひ買ってください」
と地の声で宣伝wwww。それを聞いて思い出したように入野くんが「平日公演は割引きで売ってるのでぜひ!」とPR。これに対してお宮の松さんから「それ早く言ってほしかったんだよ~~!」とツッコミが入ってましたw😁。


最後の〆は入野君バージョン
「ノコリのオオサカもタノシンデいこうとオモイマス!!」(めっちゃイケメンバージョンww)

予想の斜め上を行く艶声で客席も拍手喝采!!あっきーたちも「やっぱり本職の声優さんは違うねぇ!!」と大いに感心しておりました。

と、ここで本当にお開きに。めちゃめちゃ楽しいトークショーでした😂。