ミュージカル『パジャマゲーム』アフタートークショー in大阪

ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』大阪公演10月24日公演マチネ後にアフタートークショーが行われました。

予定だと15分だったらしいのですが、たぶん、30分近くやってたと思う(笑)。そのくらい大盛り上がりのトークショーとなりました😁。

※この日の観劇感想はこちら↓になります。

ミュージカルコメディ『パジャマゲーム』を観に大阪まで遠征してきました。前回の東京から約1か月近く経った頃の観劇となりました。 ...

スポンサーリンク

『パジャマゲーム』アフタートークショー in大阪
2017.10.24マチネ終演後

トーク参加者

  • 新納慎也くん(シド役)
  • 栗原英雄さん(ハインズ役)
  • 上口耕平くん(プレッツ役)
  • 広瀬友祐くん(チャーリー役)
  • 加藤良輔くん(トム役)
  • 佐山陽規さん(ハスラー社長役)

主要メンズキャスト勢揃いのトークショーとなりました。ちなみに佐山さんはこのトークにキャスティングされてなかったのですが、当日急きょスペシャルゲストとして参加が決定したそうです(笑)。何度も「だから出るの嫌だったんだよぉ」とボヤキ節がww←新納くんの推しに負けたらしい😁。

ちなみにこの日の皆さんのトークショー衣装はこんな感じ↓。

栗原さんはこれにおしゃれな黒の帽子をかぶってました♪広瀬くんが写真でも我が道を貫いているのが面白すぎる(笑)。

※東京公演のアフタートーク内容はこちら↓

ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』9月27日公演マチネ後にアフタートークショーが行われました。20分チョイという短い時間でしたが、とて...

自己紹介

まず最初に新納くんが登場。東京のときには司会担当の人がいましたが、今回は新納くんがそれを担当することに。本人曰く

「ミュージカル界一トークを回すのが上手いと言われている」

と自画自賛(笑)。カテコで予告された通り爆笑の予感が冒頭から漂っておりました😁。

下手側(向かって左)から、加藤くん、上口くん、新納くん、栗原さん、広瀬くんの順番に着席。でもよく見てみると一番下手側にひとつ空席が…w。誰か来るんかな?と不思議に思っていたら、まずは自己紹介がちゃっちゃと進んでいきました😅。

順番は、加藤くん、上口くん、広瀬くん、栗原さんの順番だったんですけど、栗原さんはのっけから「シド役をやりました栗原英雄です」とかまして新納くんにツッコまれてました(栗さんの役はハインズww)

ひと通り自己紹介が終わった後、空席について触れる新納くん。
大いに客席を煽って大拍手のなか登場したのは、ハスラー社長役の佐山陽規さんでした👏。佐山さんが出てくると他のスリープタイト社員たちは口々に「社長!!」と腰低くしておべっか使いまくり(笑)。すると

「グラディスをやりました佐山陽規です」

とトンデモ自己紹介(グラディスは大塚千弘ちゃんwwww)。これに対して新納くんが「そんな嘘までついていただいてありがとうございます」と恐縮してました(笑)。これだけのメンバーが集まっているのに社長が出てこないと始まらんだろう、っていうことで、この日急きょ参加要請という運びになったそうです。

あと何公演?

東京公演も終わり、大阪公演もいよいよラストスパートに入ってきましたという事で残りあとどのくらい残ってる?みたいな話題に。「あと7回じゃない?」と栗原さんは振ると、自然とパジャマゲームを全部で何公演こなすことになるのか議論が勃発ww。

揉めたのが、38公演か39公演かということで新納くんと加藤くんと上口くんたちが中心になってあーだこーだ言ってたら「39だろう?」と佐山さんが挟んできてw、38だと思ってたらしい新納くんが

「だいたい39くらいです」

と発言してたのが笑いました😁。さすが社長の一声w!

新納くんのムチャぶり司会

トークショーとかだと毎回裏話とか話すことが多いので、今回は違う趣旨で行こうと思うと新納くん。のっけから「なに喋りたい?」と丸投げwww。すると栗原さんが「僕は加藤くんの声が聞きたい」と振ってくれて、「じゃぁ、ガラガラ声の加藤くんに今回はたくさん話してもらおうか」という流れに。いや、加藤くん、そんなガラガラじゃなかったよ😅←新納くんなりの愛情ですw

ありきたりなことじゃない質問をしようと考えているらしい新納くん。加藤くんに突然振った質問というのが・・・

「このカンパニーで一番嫌いな人だれ?」

ヲイwwwww!予想外のところから来た質問に客席爆笑(笑)。加藤くん、いじられキャラだったのね😁。突拍子もないことを聞かれた加藤くんは焦りまくって

「そんなの答えられるわけないじゃないですか~!ってか、いないし!!!」

と必死の回答(笑)。パジャマゲームのカンパニー、みんなすごく仲良さそうだもんね。ところが横にいた佐山さんが

「さっきからなんかチラチラ見られてるんだけど!」

とツッコミwww。「いや、助けを求めてるんですよ~」とアワアワしまくりな加藤くんが可愛かった(笑)。

嫌いなシーンはどこ?-加藤くん編-

さすがに「嫌いな人」質問は後が続かないと判断した新納くん。次に出てきた質問というのが

「好きなシーンは色んなところで聞かれてると思うから、嫌いなシーン教えて」

またそんな無茶ぶりをwww。加藤くん、またまた混乱しちゃってw「そんなこと言えるわけないじゃないですか~!」と反論(笑)。でも今回は新納くんも「言ってみればいいやん」とグイグイww。するとふと何やら思いついた様子ww。

「嫌いなシーンっていうより、新納さんの悪口言っていいですかww」

ナイス反撃wwww。そんな加藤くんの新納くんに対する苦情とは、公演中にちょいちょい仕掛けられるというイタズラだそうな(笑)。

最初の苦情は、東京公演中にウォーミングアップしていたらトレーニングマットを股間に向けて投げられたこと、とのことwwwww。「ものすごい衝撃だったんです」と力説したものの、客席の笑いの反応がいまいち薄い😅。
第2の苦情は、上演中にシドが乗った机を回しているとき(この作品では男性キャストが陰でセットを動かす役割を多々担っていました)

「回してる時に、僕の手を払ってくるんですよ!今回してんの!って視線向けたら”イエーイ”みたいな反応されて」

うわっ、その現場ぜひ見たかったわwwww。これに対して新納くん、「でもあれ5-6人で回してるやろ?」とそっけなし(笑)。「一人でも抜けるとみんなに負担かかっちゃうんですっ!」と反論すると「頑張れよ」とサラリwww。新納くん、加藤くんのこと弟みたいに大好きやんって思っちゃったよ😜。
これは新納くんの勝ちだな、と思って見てたら、「その気持ちわかる」と向こう側にいた広瀬くんが助け舟!「分かるでしょ~!」と目でコンタクト取り合ってましたw。

嫌いなシーンはどこ?-広瀬くん編-

加藤くんへの助け舟を出したところで、今度標的になったのが広瀬くん(笑)。

「嫌いなシーン…そうですねぇ…」と考え込み始めた広瀬くんに「こういうのはテンポやで!」と関西モードでツッコミ始める新納くんww。それでもマイペースに「ウーン」となって話すか話さないかゆる~く時間が流れてると、「遅いねんっ!」と椅子から前にコケるアクションを取ってくる新納くんwww。いやぁ、なんかこのツッコミといいコケっぷりといい、関西人やわ~~って思ってしまった(笑)。

さらにマイペースな広瀬くんに「ここは関西やで!もっとちゃっちゃと答えんと!」みたいにツッコミ入れまくる新納くんでしたが

「僕は東京の人間なんで」

と全く動じるそぶりを見せない広瀬くん(笑)。こりゃ新納くんの負けやな😁。

「そんな喋りのできないイケメンなんかあかんわ~って関西の人に思われるで!」と必死にツッコミまくるものの「えーーとですねぇ、嫌いなシーンはぁ・・・」と、もはやわざととしか思えないような牛歩戦術を仕掛けてくる広瀬くんに会場爆笑www。新納くんがもうそれを聞きながらムズムズしまくっていたら、

「ちょっと考えときます」

と、これ以上ないオチが(笑)。それを聞いてまたイスからずり落ち「最悪や!!」と負け惜しみのツッコミをするしかない新納くんなのでしたw。

嫌いなシーンはどこ?-上口くん編-

広瀬くんにしてやられた新納くんは、矛先を同じ関西で和歌山出身という上口くんに変更(笑)。「和歌山馬鹿にしないでくださいよ~」と新納くんにツッコミしたあと「この会場にも和歌山の方いらっしゃるだろうし」と客席見回して手が上がるのを待つ上口くん。ところが誰一人手を挙げる者がおらずwww・・・

「おらへんのかい!!!」

と椅子から前にずり落ちる大コケっぷりwwww。うを~~上口くんもバリバリの関西人やん(笑)。

で、嫌いなシーンについてですが「僕は嫌いなシーンは一つもないですよ」ときっぱり。でも、しんどいことはあるそうで…これも新納くんがらみ(笑)。
ピクニックで栗原さん演じるハインズがナイフを投げるシーンがあるのですが、その時にプレッツ役としてシドに「新入りはどけ!」みたいな態度を取ったら・・・それに対して本気で怒ってきたそうな(笑)。しかもある日、対抗措置としてすごい勢いでド突かれてww小道具として登場するバナナを踏んでしまったらしい😅。

「舞台上でバナナ踏んでコケそうになるなんて、そんな古典的なことあります!??」

と興奮する上口くんに会場大爆笑でしたwww。見たかったよ~~~、その現場も(笑)。

これに対しては新納くんも反論があるらしく、もともとプレッツの「どけ!」っていうのはセリフになかったと。「それを言ってくるこいつが悪いんです」と上口くんに罪をかぶせる新納先輩wwww。それで「は!?」ってことでド突いてると正当防衛を主張w。でも上口くんも負けておらず

「エンターテイメントだから!そこまで本気にならなくてもww」

うん、そうだね(笑)。それを傍から聞いてた栗さんが「僕がナイフ投げてる時にそんなことが起きてたんだね」とw。でもある時、舞台上で思わず「集中しろ!」ってツッコミ入れたことがあるそう。その時何が起きていたかというと…

新納くんのド突きのせいwwで上口くんがよろけて小道具のバスケットを踏んづけて破壊していたそうな(笑)。予想外の出来事にその場にいた面々は焦りだして「ナイフ投げ見てるどころじゃなかった」とwwww😅。

このワチャワチャしてる流れの中、栗さんが「佐山さんなんかもう疲れて寝ちゃってるじゃないか!」と言い出してww。それに対して新納くんが「いや、開いてますよ。精一杯開いてます」とイジりまくり(笑)。佐山さん、目が細いからイジられやすいのねw。
それを聞いてご本人一言。

「だから俺、今日ここ出てくるの嫌だったんだよ~」

とぼやいておりましたww。

嫌いなシーンは?-佐山さん編-

この流れで今度は佐山さんにも「嫌いなシーン」について質問吹っかける新納くんw。

しばし考えられていましたが、「特にないね」と答え出ず(笑)。そりゃそうでしょ~w。すると変化球で今度は「好きな人言ってください」と突然振りだす新納くんw、ツワモノwww。それには照れちゃって「ちょっと…」となってしまった佐山さんが可愛らしかった😊。

そんな佐山さんについて栗原さんが賃上げ交渉のシーンで「わしは公平にしたいんだ」というセリフの時に上口くんの方いつも見てると指摘。あ、なるほど、それ気が付かなかったw。上口くんの下の名前は「耕平」くんなのでね😁。
あの場面、栗原さんは「社長は耕平にはちゃんと7セント半払うんだなと思って見てる」そうですww。すると思わず

「いつも呼んでいただいてありがとうございます」

と佐山さんにお礼する上口くんww。「いや、とんでもない」と謙遜してましたが「台詞言う時は上口くんのことは思ってません」ときっぱりww。ところが「だけど今日は違うこと言いそうになっちゃった」とカミングアウト。皆が一斉に「なにを言おうとしたんですか!?」と食いついていましたが、よほど恥ずかしいことなのかww最後まで明かされませんでした😅。

で、こんなワチャワチャした雰囲気にすっかり油断していた広瀬くん。この流れの中で突然

「じゃあ、広瀬くん」

と新納くんに振られて今度こそはビックリ仰天ww。でも意地悪そうに「思いつきました?」と質問したら・・・

「思いつきましたよ、(嫌いなシーンは)ないです」

とキッパリ一言www。「嘘でも何か言うといた方がええで!」と煽ってましたが「僕嘘嫌いなんで」とバッサリww。これには新納くん、

「最悪や・・・最悪のやつや・・・!!」

と悔しそうに呻きまくってました(笑)。

大阪公演の印象

話変わって大阪公演の印象についてトークが展開。

シアター・ドラマシティは東京の日本青年館よりも客席がすごく近く感じるそうです。「東京の時は暗くて前列の人もほとんど見えなかったけど、大阪は3列目くらいまで見える」と新納くん。

「見られてますからね、寝てるのとかバレますし、すっぴんとかで来ないでくださいよ」

と客席にツッコミ入れててみんな爆笑でしたww。たしかにドラマシティーは舞台と客席が近い良い劇場だなと思います。音響もいいしね。

それぞれにも大阪の公演を聞いてみると・・・

加藤くんが「大阪公演は客席との一体感があって最高です」と言って拍手喝采。「皆参加してくるよねぇ」と新納くんも感慨深げにしてました。この、参加するという事に関して上口くんがひとつ言いたいことがあるようで。

2幕冒頭でプレッツがちょっと演説するシーンがあって、その最後の〆に「ご覧いただきま、ショー」とダジャレめいたセリフがあります。ここがプレッツにとってはけっこうつかみどころになる大事な場面だそうなのですが、数日前の公演でその場面が来たら前列のお客さんが先に「ショー」と言ってしまったことがあったんだと(笑)。

「そのあとにショーと言わなきゃいけないことが、どれだけ恥ずかしいことだったかwww」

と自虐気味に体験談話してた上口くんが面白かったwww。「皆参加してきよるからな」と新納くんも納得の様子でしたww。

新納くんの嫌いなシーンは?

広瀬くんの大阪公演の印象はと質問が飛んだ時、なぜか突然「新納さんは嫌いなシーンないんですか」とここで反撃がwww。ということで、新納くん編w。「自分が出てるとこは全部好き!」とドヤ顔していたら、上口くんが急に

「新納さん、(足元の)水が全部こぼれてますよ!!」

異常事態を報告ww。どうやら立ち上がったりしたときにペットボトル倒したらしいw。足元洪水の中、新納くんの嫌いなシーンについてのトークとなりました😅。

舞台中央ですれ違うシーンの時、演出のトムから笑いを封印するようキツくお達しが出ていた新納くんは思い切り2枚目で演じているとの事ですがw、その場面で笑いが起こる日と起こらない日があるんだとか。
その、笑いが起きなかった日は若手メンバーが舞台袖で「外しよった!!」としてやったり顔して迎えるのが嫌だとのこと(笑)。ちなみに笑いが起こった日はみんな腰が低くなってるらしいwww。「なんか笑いを取らなきゃいけないって気持ちになりかかって危ない」と新納くん(笑)。そこは耐えて頑張ってwww。

この話を聞いてた栗原さんが「それ、自分のシーンじゃない!」ってツッコミいれてたのにみんな爆笑www。よく考えたらそうだね(笑)。

休演日何してた?

大阪公演休演日はなにをしてたかという話題になって、上口くんは「ずっと部屋にいました」と答えると、「でもホテルの部屋は3時までに出ないと掃除してくれへんで!」とまるで楽屋トークな流れにwww。そこはちゃんと、掃除してもらう時間には外出してたそうな。

広瀬くんは何人かの男子キャストと一緒にアメリカ村へ行ったりボーリングしたりしたそう。その前日にもボーリングに行ったらしく「まさか大阪で連続してボーリングするとは思わなかった」と苦笑いしてたのが可愛かった😊。
ボーリングをした後には温泉へ行ったそうで、一緒に行ってた加藤くんは「最高でしたねぇ」とご満悦の様子でした。

佐山さんの休演日は洗濯(笑)。ホテルのランドリーは上の劇場(梅田芸術劇場ではミュージカル「リトルダンサー」を上演中でした)の人も使っていて混んでると予想して、大阪の街をコインランドリーさがしてさ迷い歩いていたそう(笑)。
そのあとは帰ってきて部屋で休んでたという佐山さんに新納くん「地味…」と一言ww。先輩にも容赦ないです(笑)。

栗原さんは次の作品の台本読みを真面目にしていたそう。次の舞台「メンフィス」はもうお稽古始まってるみたいですし、正月時代劇の台本も読まなきゃいけないですよね、栗さんは。一気に忙しく売れっ子役者になったなぁ😊。2つ同時に覚えているとのことで客席からは驚きの声が上がってました。
「2つ同時に覚えながらこのミュージカルやってるなんて、気もそぞろですね」とツッコミを忘れない新納くんww。でも、夕方には京都の馴染の店へ行ってご飯食べてくることができたそうです。

新納くんは「実家帰ってました」と。猫に会いたかったそうですが、帰ってみたら「たまに見るお前なんや!」みたいな態度取られたらしいwww。そんな新納くんに「親御さんは二枚目演じてる君を見てなんて言ってたの?」と栗さんが質問。すると・・・

「やっぱり二枚目役っておもんないなぁ!」

とご両親お姉さまに口をそろえて言われたんだそうなwwww。「基準が面白いかそうじゃないかなんだねw」と栗さんも爆笑でしたよ(笑)。

デザイナー広瀬くん

そのあとふと、今回のトークショーで皆が着用していたTシャツに注目することになって。栗原さんと佐山さんは前を開けていたのでデザインが見えるような感じに。

「これ、広瀬くんがデザインしてくれたんですよ~」

と立ち上がってアピールしてくれる栗さん、優しいです😊。なんかモデル気取りみたいにノリノリになってましたけどね(笑)。新納くんも「これめっちゃ可愛いですよね」と大絶賛。

※そのデザインがこちら↓

いや~、ほんと、広瀬くん、こういうデザインの才能すごいよね😍!!大絶賛してくれる皆でしたがボソっと「喋りは苦手なんですけど」って自虐的にツッコミ入れてたのが可愛かった(笑)。それに対して「喋れない代わりに神がこの才能を与えたんだよ!」と新納くんが返してたのは面白かったなw。そして照れ笑いもカッコいい広瀬くんを見て

「僕も30代の時にこんな風に過ごしてたら人気者になってたのかも」

と自虐ww。ずーっとギャーギャー関西のノリで喋りまくってたからこうなっちゃったんだとぼやきまくる新納くんww。それを「なるほどぉ」と広瀬くんの口真似しながらツッコむ上口くんに

「お前も気ぃつけろよ!将来こうなるからな!」

と自分の後継者になることを予言(笑)。

加藤くんの見どころ

時間もだいぶ迫ってきたようで「最後になんか面白おかしく一言言ってもらえます?加藤くん」と振ってくるイジワルな新納くんww。すると「ほんっとそういうの困るんですよぉ」と反発ww。「もう嫌だ~」とか言ってたんですが、新納くんから「一番力入れてるシーンどこ?」と聞かれると、「そりゃ最初ですよ!!」と大力説。
加藤くんは1幕の始まってすぐのころにシドからド突かれて(大した押しじゃないけど)腕を怪我した!と騒ぎまくるメイン場面があるんですよね。そこにかなり賭けているとのことでした。すると新納くんが

「その場面終ったらもう終わっちゃった感じだよね」

とイジワルwww。それに対して猛然と「そんなことあるわけないじゃないですか~~」と一生懸命反論してる加藤くん、可愛かったw。

「あの役を良輔に決めたのって、いったいどんな力が働いたんだろうね」

と最後まで加藤くんをイジる新納くんww。「ちゃんとオーディション受けたんだから~!」と一生懸命反論していると「あのオーディションで片手が悪い役をこいつにやらせようと思ったトムの決め手は何だったんだろうね」と新納くん(笑)。あの一番腹立つキャラは加藤くんにピッタリだと思われたんじゃないかと大いに盛り上がっておりましたww。

なんかもう、この二人まるで兄弟みたいやったわ😁。

最後にひとこと

広瀬くん

「大阪は手拍子もすごいし、芝居のタイミングにはちゃんと止まるし、やっぱり関西のお客さんはさすがだなぁと思ってます。残りの公演も一緒に盛り上っていけたらうれしいです。また遊びに来てください」

この挨拶に対して「お前楽屋と全然感じ違うやん。いつもそんなカッコよくないのに」と新納くんが僻みのツッコミ入れてて笑ったww。

上口くん

「ぼく喋るの苦手なんですけど~そうですねぇ」と立ち上がって広瀬くんの口真似をバンバンしまくっててwww。それを見た新納くんがまた「行く末は俺や!」と確信していました😆。

「残り公演、賃上げ交渉頑張っていきたいと思います。最後までみなさん、エンジョーーイ!」(最後は囁きボイスでww)

彼はホント、将来的に新納くんの立ち位置になると思いました(笑)。そんな上口くんが大好きだよ😊。

佐山さん

「終わるまで死ぬことはないと思いますが」と始まったところでみんな慌てちゃってww「生き死にを心配してたんですか!?」と新納くんがツッコミ入れたのが笑った(笑)。

「ミュージカルは楽しいし大阪公演はノリもいいので最後までがんばります!!」

栗原さん

「稽古場の期間から数えると4か月、あと残り少ないと思うと寂しくなるんですが、その短い公演の中でも新しい発見ができればいいなと思ってるし、そういうことを探求していきたいと思ってます」

と、かなり真面目な挨拶だったのですが、それで終わらせまいとする関西出身の新納くんw。「栗さん、メイクちゃんとしてますか?」と突然関係ない振りwww。すると「よくしてないって言われちゃうけど、ちょっとだけしてます」と苦笑い(笑)。

「最後はメイク濃くします」

と〆るところはさすがだなと思いました😁。

新納くんから一言

このミュージカルは比較的女子メンバーが煌びやかな場面が多くて男性は出番が少ないように見えるけど、実は暗い中で転換作業してたり踊ったり大活躍してるんですと力説。

「メインキャラは男性の方が多いので、女性に追いやられないようww頑張っていきましょう!」

と気合の決意表明。

「パジャマゲーム、男性チームは地味ですが、こんな人たちがいますw。あと7回しかないですが、今回のメンバーの素の姿を踏まえたうえでまた見てもらえたらと思います。ラストまで駆けぬけていきたいと思います。ありがとうございました」

大きな拍手で送られる中皆さん退場して、これにて男性アフタートークショーはお開きとなりました。新納くんの巧みな話術のおかげでとっても楽しいトークが展開され、ホント来てよかったなぁと思いました。

皆さん、千穐楽公演まで頑張ってください!!!