Rの法則-劇団四季特集-

観劇する日まで間があるので、先日放送された『Rの法則』劇団四季特集について少しレポートしたいと思います。

昨年11月に「ソンダン」観に行ったときに、後日NHKの撮影が入るらしいという情報を小耳にはさんでいて。いつ放送になるのか待ちに待っておりました。今回特に楽しみにしていたのは…大好きな飯田洋輔くんも出演してくれるんじゃないかな~みたいに思ってたもので😁。
そこから約2か月、ソンダンの全国公演前にようやく放送されました!

ちなみに、『Rの法則』とは、10代をターゲットにしたNHK-Eテレで放送されているバラエティ番組です。主に高校生をメインにした番組なので、とっくにその年代を通過してしまった私はめったに見ることはありません😅。昨年は某時代劇目当てに4日間見ちゃいましたけどww、今回はそれ以来という事になりました。


スポンサーリンク

Rの法則 劇団四季コラボスペシャル

2018年1月22日(月)生放送 NHK-Eテレ
スタジオゲスト出演:武井壮・川村エミコ
司会:山口達也(TOKIO)
チャレンジャー:Rの法則メンバーRs9期生(しゅいちゃん・もとくん)
挑戦演目:『ソング&ダンス65』より「誰にでも夢はある」

まず、自由劇場で待ち合わせという事で…2階席ロビーの階段から降りてきたのは、ソンダン65の出演者兼演出を担当している永野亮比己さん。なんか、登場ののっけからしてちょっとうい……w…いやいや、ミュージカルスターの雰囲気がバリバリでございました😁。やっぱりダンサーだけあって、改めて見るとスマートでいい男だなと思いました。

で、二人に課せられた条件がかなり過酷!
3週間後に発表なのに、マンツーマン指導はたった1日😱。私だったら絶対無理だ。若いからこそ、情熱を持ってこそできることかもしれないよね。

で、早速始まったわけですが・・・レッスンしてくれる先生の中に・・・

おおお!!!飯田洋輔くんが、いたーーーー😂😂😂!!!
タイガースのジャンパー(?)着てるのが洋輔くんらしいよねww。笑顔がやっぱり可愛くて癒されます。今回は歌唱指導という事で、前半部分を担当してくれました。

まずは「発声」練習から。四季独特の発声方法を指導していたんだけど、喋る声からして深みがあってとてもいい声。あの声から奏でられる歌声は本当に絶品なんですよねぇ…。久しぶりにそれが聴けてとても嬉しかったよ😂。
それにしても、手の叩きっぷりが迫力あったな。

さらに出てきましたよ、「母音法」が!
個人的にはこの「母音法」は良い面と悪い面が隣り合わせだと思ってます。忠実にやりすぎると、歌はいいんだけどセリフになるとどうしてもロボットみたいに聞こえてしまう役者がけっこう多い。ハッキリ言うことは大切だけど、感情を入れないといけないわけだし…それをクッキリ喋るところに乗せるのって本当に至難の業だと思います。スムーズに聞ける役者さんって、私個人としては数人くらいしか思い当たらなかったな(退団した人含めて)
ちなみに洋輔くんはちょっと「母音法」の癖が強めかな。違和感一歩手前くらい。
だけど、これを学んだことで退団した後外の舞台に出ると、やはりとても聞き取りやすいんですよね。癖さえ取れればとても良く聞こえるんです。その修正とかが難しいと思うんだけど…将来、洋輔くんもそうあってほしいなと思ってます。

ここで、飯田洋輔くんの「母音法」に纏わる特技が紹介ww。

「カメラ」→「あえあ」
「マイク」→「あいう」
「音声さん」→「おんえいあん」ww
「Rの法則」→「あーうおおうおう」www
どんなムチャぶりもニコニコと対応ww。ホント良い人だよね~。しかも、めっちゃ良い声~😊。この時の洋輔くん、めっちゃ可愛くて萌えましたわ。やっぱ好きだなぁと再確認した(笑)。
こんな風に、どんな言葉も瞬時に「母音」として発音できるのが特技らしいです。四季の役者はみんなこれ出来るんだろうね…っていうか、気が付かないうちに訓練されまくって身に付いちゃうって感じだと思う。

で、母音をしっかり発音するためには体全体を使って呼吸することが大切だそう。
ということで、飯田洋輔先生みずから、呼吸法を実践することに。

洋輔先生の背中の呼吸した時の膨らみっぷりがハンパない!!!!
いや~~、こういうシーンは初めて見たのでけっこう衝撃でした。そこに至るまですごく頑張ったってことだよね。

さらに訓練は続き、歌詞の歌い方特訓へ。

歌う前にイメージが先行するように歌うのがコツだそう。たしかに、彼の歌声からは豊かな情景がいつも浮かんでくるからね。そういう訓練も日々やってるんだなぁと感慨深かったです。

洋輔くんのレッスンはここまでだったのですが、全体的にとてもソフトで優しい印象でした。なんか、人柄がにじみ出てるなぁって感じ。あまり厳しく突き放すような雰囲気でレッスンする姿が全然想像つかない(笑)。教える立場になったらそれだといけないんだろうけど、今回は見ていてとても癒されました

その先は永野さんと相原さんによるスパルタ指導になるのですが、1日で教えなければいけないのでお互いに必死。厳しい指摘を受けて涙を見せてしまう一面もあったりで…見ていてもう、「頑張れ」っていう想いしか出てきませんでした。スケジュール的に無謀すぎてちょっと気の毒だけど・・・もうほんと、やるしかないですからね。
マンツーマンの特訓が終わった後も、それぞれ自主練を頑張ったしゅいちゃんともとくん。こういう若い子たちの頑張る姿はとてもキラキラしていて眩しいです。

そしていよいよ本番。11月23日の公演後に事前に募集していた観客を集めて撮影されたようですね。

いや~~、これまでにもいくつか劇団四季にチャレンジみたいな企画の番組見たことありましたが…その中でもトップクラスの良いものを見せてもらった感動がありましたよ!!素直にちょっと見てて泣きそうになりましたんで。
特に、しゅいちゃんは、将来性があるというか、かなり素質があるのではないでしょうか。舞台映えする表情や声がとても素晴らしかったです。歌のレッスンを受ければいい女優さんになるかも。

舞台袖で感動を分かち合う皆さん。洋輔くんも笑顔でした。

本当に、お疲れ様でした!!
応援ぽちお願いします♪
★ランキング参加中!気が向きましたら応援ポチお願いします★
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加