ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』大阪公演トークショー 2019.04.03

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』大阪公演を2日間観てきました。4月2日に続き、3日にも終演後トークイベントがあったので、つたないメモを頼りに少しレポしていきたいと思います。

本編の感想はこちら↓↓

4月2日マチネ後のトークレポはこちら↓↓

4/2と同じく、この公演はDVDの撮影日に該当していたのでおそらくトークショーも一緒に収録されると思われます。ネタバレになりますので、発売まで楽しみにしておきたい方はスルーしてください。

また、舞台の内容にもかなり触れてますのでネタバレしまくってます。ご注意を。

 

スポンサーリンク

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』大阪公演 アフタートークショー
2019.04.03マチネ後

トーク参加者

  • ロミオ役:古川雄大くん
  • ティボルト役:廣瀬友祐くん
  • マーキューシオ役:平間壮一くん
  • ベンヴォーリオ役:木村達成くん
  • 司会はABCテレビの藤崎健一郎アナウンサー

座り順は、下手側から…藤崎アナ・平間くん・古川くん・木村くん・廣瀬くん

前日と同じく、藤崎アナによって名前を紹介されてメンバーが登場という流れになったのですが・・・一番最初に名前を呼ばれた廣瀬くんの紹介が

「ヒロスケ」

ってなっちゃってww廣瀬くんが「え?これで行くの?」みたいに苦笑い状態でオドオド出てきたのがのっけから笑えましたw。
藤崎アナ、すぐに気が付いて修正してたけどもうなんか「ヒロスケ」が頭に染みついちゃってww、他のメンバーも笑いをこらえての登場みたいになってた(笑)。

これに動揺したからか、前日にはあった最初の自己紹介がカットされておりましたw。まぁ、改めなくても皆もう知ってるけどね。

 

スポンサーリンク

ロミジュリのナンバーのこだわりや苦労した点について

「死」との距離感(古川くん)

ビッグナンバーが多い作品なので、特に挙げるとなるとけっこう悩んでいた古川くんでしたが、思い至ったのはやはりロミオが「死」の存在を感じ取って怯えながら歌う♪僕は怖い♪となってました。
「死」を演じている宮尾さんや大貫さんと稽古場で話し合いながら創り上げていったそうで、思い入れも深いようです。

この話をしているときに急に隣に座っていた平間くんが古川くんの方にクルっと向き直って、真正面から見つめながら「今日の♪僕は怖い♪のフェイク、カッコよかったよ!」と絶賛。これをどうしても伝えたかったらしいのですが、この時の平間くん、可愛かったーー!
平間くんの絶賛にちょっと照れくさそうに「ありがとう」って微笑んでた古川くんにも癒されました。彼はどんな表情をとってもホント美しいな~と改めてw。

なんでも、この日はDVD収録日だったので「ちょっと力入っちゃいました」とのこと。空気感がいつもとは違ってたので「攻めなきゃ」って意識が芽生えて・・・古川くん的にはちょっと失敗という感覚らしい。「これも生ってことで」と照れ笑いしてたけど、個人的には古川くんの「失敗」の部分が全く思い当たらずww(汗)。
これはやはり、古川ロミオバージョンもDVD購入しないといけないかしら。

あと、2幕に薬売りの「死」からロミオが薬をもらうシーンについても言及。2年前のトークショーでも確かちょこっと触れてた気がするんですが、古川ロミオと「死」はこの時にたった一度だけ目を合わすんですよね。
今回も古川くんはこのたった1回のアイコンタクトを強く意識したとのことで「今日も思い切りグっと見ちゃいました」と静かにでもドヤ顔で語ってましたw。

※2年前のトークショーレポ↓

「死」との距離感の芝居は大野くんとは違うアプローチをしているということなので、DVDでぜひ確認してほしいとさりげなくPRしていた古川くん。
これはやっぱり”買い”ってことなんだろうかww←すっかり乗せられたw

スポンサーリンク

1幕の関係性を重視・古川くんのあだ名(木村くん)

こだわりという部分では、木村くんは特に1幕でのロミオ・ベンヴォーリオ・マーキューシオとの関係性を重視して演じているところだそう。そこによって2幕の表現が決まってくるので、かなり力が入っていると力説してました。
なかなかセリフとして3人の仲の良さを表現できるところがないので、自分の中で「オフ芝居」として説得力を持たせるために演じ方に気を遣っているそうです。

具体的に3人の距離感を縮めるためにしたことは?といった質問には「稽古場は緊張しすぎてなかなかメンバーに絡めなかった」と苦笑い。すると古川くんと平間くんが「絡んできてたよ」とフォロー。木村くん的にはもっと行きたかったところだったけど、古川くんたちにはけっこう伝わってたのかなって思えてちょっと微笑ましかった。

これに関連して、古川くんが木村くんについてあるエピソードを披露。
それによると、小池先生に厳しいダメ出しもらったときに木村くんめっちゃ凹んでたらしいのですが、周りの仲間たちが先輩後輩関係なく色々とフォローしに来てくれたんだとか。そうしたら…

「翌日からキャラがめっちゃ変わってたw」

たぶん木村くん、緊張しているなかで仲間たちがフォローに来てくれたことに安心して嬉しかったんだろうね。古川くんはそんな木村くんの変化を見て「彼は稽古場から変わってくタイプなんだな」と思ったそうです。

スポンサーリンク

このあとちょっとエンジンかかってきたのか急に木村くんが「僕だけの古川さんの呼び名があるんです」とニコニコしてきてww。その名は・・・

「うーたん」

得意そうな顔してて、もう、木村くん、可愛すぎかっっwwww!!!
これを聞いてた古川くんたちは思わず苦笑いw。なぜその名前に至ったのか聞いてみると…

「ふるかわゆうた → ゆうたくん → ゆぅーたん → うーたん」

その変遷がなんか可愛くて笑えるww!で、藤崎アナも「じゃあこれからは皆さん、古川さんのことはウータン呼びでいいですかね」とノリノリw。それに対して慌てたように古川くんが「いやいや!!」と制止してたのが面白かった(笑)。
さらに木村くんの古川くんに対する呼び名解説は続いてw。なんでも、他の人は古川くんのことを「ゆん」って呼んでるので自分独自の呼び方がしたかったんだとか。

でも、この「ゆん」に関しては稽古場でもそんなに呼ばれているわけではないらしく…古川くん曰く「ヒロくん(廣瀬くん)にしか呼ばれてないよ」とww。これを聞いた平間くんが「僕も”ゆん”って呼びたーーい!!」とテンション上がってたんだけど、あっさりOKもらってたなw。
ファンの人は古川くんのことみんな「ゆん」って呼んでるからもっと浸透してるのかと思ってたのでちょっとこの流れは意外だった。

これを聞いた木村くんが「ウータンは誰も呼びたくないですか!?」とちょっと寂しげw。すると古川くんが苦笑いしながら「呼びたい人は呼んでも良いですよ」とちょっと困惑気味にww。木村くん、めっちゃ弟的キャラだな。果たしてその後、「ウータン」が浸透してるのかは謎です(笑)。

スポンサーリンク

1幕のティボルトはけっこう難解(廣瀬くん)

1幕に出てくるティボルトのソロの2曲はけっこう解釈的にも難しくて、今もはっきりした答えは見いだせていないと語っていた廣瀬くん。
外見的には「危険な男」ということでイケイケっぽい雰囲気ですが、1幕のナンバーはその外見とは違ってけっこう繊細な心の内を吐露するものなんですよね。「ビジュアルとは違う歌を歌わなきゃいけないので難しい」と語ってました。

「具体的に何にこだわってるかは、言いませんっ」

と企業秘密にしちゃう廣瀬くんw。それでも藤崎アナが「ここまで公演重ねていくうえで見えてるものはあるんですか?」と食い下がろうとしたのですが「言いません」で自己完結してた廣瀬くんは質問されると思ってなくて油断しまくって一瞬意識が別のところに行ってたなww「え!?僕ですか!?」ってビビってたのが可愛くて笑えたw。
改めてこの質問に関しては「今回は公演中に変わっていくというよりかは、稽古中に創り上げていった」と語ってました。

その後なにか言おうとした者の言葉が出てこなくてやっぱり自己完結しちゃった廣瀬くんw。すると古川くんが「ティボルトは歌が全部難しいよね」と助け舟出してました。

スポンサーリンク

歌っているように演じないことがこだわり(平間くん)

マーキューシオを演じるうえでのこだわりは、ズバリ「歌っているように感じさせないように演じること」なのだそうです。「だから歌がちょっと下手に聞こえちゃうんですけどねぇ」と苦笑いしてたけど、いやいや、下手じゃなかったよ!

平間くんとしてはセリフを喋ってるように聞こえる芝居がしたいというこだわりを持っていたそうなのですが、稽古場では「歌重視で」という流れができていたのでやりたいことがなかなかできない「ギャップ」みたいなものに最初は苦労したんだとか。
こだわりのやり方を最初に決めて稽古に入ると、そういう苦労もあるんだなぁと思いながら聞いてしまった。でも

「今日は感情でやっちゃいました」

とあくまでも自分を貫いてる平間くん、そういう心掛けも素敵だなって思います。古川くんも「僕もすごくいいと思うよ」と穏やか~に絶賛してて「ホントですか!!ありがとう、ゆんくん」とさっそく目を輝かせて「ゆん」呼びして嬉しそうにしてた平間くんが微笑ましかった。

「毎舞台みんな違う芝居をしているので楽しい」と嬉しそうに語ってた平間くん。本当に舞台のお芝居が大好きなんだなって思いました。

スポンサーリンク

公演中の思い出深いエピソードは?

刈谷公演でやりすぎちゃった(木村くん)

初めて訪れた愛知県刈谷での公演では「ちょっとやりすぎちゃったことがあって」と苦笑いする木村くんw。「今やってもウケないと思うけど」と前置きしつつも、その時のアドリブを平間くんと立ち上がって再現してみせる木村くんw。

シーンはジュリエットの乳母がモンタギューの陣地にやってきて若者たちにバカにされる♪綺麗は汚い♪の場面。大きなUFOハットをかぶって登場してくる乳母を目撃したベンヴォーリオとマーキューシオが「UFOが来たんじゃないか!?」とザワザワ始めるっていう、そこが再現されました。

「あれ、UFOじゃないのか!?」

「そんなもんいるわけねぇだろ」

「手を先に出すなよ!…手が先!?手羽先ぃぃぃ~~~!!

ちょっっwwwww!!!木村くん、それホントにやったのねwwww。愛知の名物って考えて「手羽先」が浮かんで、そこで出したのか(笑)。しかも言い方が・・・

IKKOさんの「どんだけぇ~~~」的だったwww(チョコプラ松尾とも言うww)!!

「そのあとどうなったの!?」と古川くんが興味津々に聞くと「拍手起きてた…!」とキョトンと語ってた木村くん(笑)。本人も思い切ってやったものの反応は不安だったようで、拍手が来たことにビックリしたらしいww。

ところが、木村くん的にはその瞬間は「ウケた」と思ってガッツポーズものだったらしいのですが…実際に記録用の映像でチェックしてみたら・・・

「一度客席がザーーっと引いて、しばらくして後ろからワーーって拍手が起こってきた」

状態だったと(笑)。まるで波のようだったってことねww。「実は鬼スベってたww」と後から実感したと笑いながら語ってた木村くん、まだまだヤンチャ盛りのようです(その時共演していた大野くんからも後で「ウケてねぇよ」ってツッコミ入ったらしい 笑)

「いつもこんな風に場所によってアドリブ入れるんですか!?」と藤崎アナから質問が飛ぶとちょっと答えづらそうにしてた木村くんw。気分が乗ったらやるみたいな感じみたいね。ちなみに大阪ではこの時点ではまだチャレンジしてないとのことw。
でも最後の最後に、やっちゃってたけどねww。木村くん、ホントにおもろい子(笑)。

スポンサーリンク

渡辺大輔くんの”ナイフ”エピソード(廣瀬くん)

思い出深いエピソードとして廣瀬くんが挙げたのが、Wキャストでティボルトを演じている渡辺大輔くんのハプニングについてでしたw。廣瀬くんはこの話を聞いて渡辺くんのことがもっと”大好き”になったそうな。

刈谷公演の初日の時、終わった後に「ヴェローナのシーンの時にナイフを忘れちゃって」と打ち明けられたんだとかww。

歌詞の中で「法律なんか気にしない、俺の味方はこのナイフ♪」って歌うシーンが出てくるのですが、その時にいつもティボルトはパンツの太ももあたりにセッティングされているナイフを実際に掲げるリアクションがあるんです。
ところが、そのナイフは自由に取り外しができるため、着替える時に注意しないと置き忘れてしまう危険性があるのだとか(笑)。それを、見事に忘れちゃったわけですね、渡辺くんはww。

で、どうしたかというと・・・「このナイフ♪」と歌うところで咄嗟に両手を自分の顔の前で広げて見せたらしいwwww←リアクション中に古川くんがナイフ持ってあげてたw

これを聞いたときに、渡辺くんが愛しくて仕方なくなったという廣瀬くんww。うん、たしかにw。あ~、こういうキャラクターだからみんなからイジられて愛されてるんだね、渡辺くん。

「自分がナイフになっちゃったんだから今後ナイフ使っちゃダメだよ」

と廣瀬くんはツッコミ入れたそうな(笑)。「廣瀬さんもやってみては!?」と藤崎アナから迫られると、

「僕は絶対やらないです」

ときっぱり答えてましたww。

楽しかった刈谷公演の楽屋(平間くん)

刈谷公演では楽屋が大部屋で、男性キャストがみんな同じ部屋になれたのがすごく楽しかったと語っていた平間くん。大勢で一緒にカレーを食べに行ったりもしたそうです。

あと、「絶対笑っちゃいけないゲーム」みたいなのも流行らせていたと。

言いだしっぺは古川くんで、最初は少なかった人数が気が付けば大人数の参加になって盛り上がっていたそうです。りょん君(三浦くん)は最初誘いづらいなぁって思ってたらしいんですが、いざ仲間に入ってみたら一番楽しんでいたそうな(笑)。ピュアな子だわ~、やっぱり。

でも、一番最初に笑ってたのは・・・言いだしっぺの古川くんだと廣瀬くんが暴露(笑)。りょん君といい勝負だったとのことですww。

スポンサーリンク

自分の役柄以外でやってみたいと思う役は?

平間くんは「絶対やれない体型なのでティボルト」
でもそれを聞いた廣瀬くんがすぐに「絶対できるよ!」と太鼓判。「ほんとに!?」とめっちゃ嬉しそうにしてたな。

廣瀬くんはズバリ「乳母」www。
会場が笑いに包まれへんな空気になったのを察し「変なこと言った!?」と不安になってた廣瀬くんw。いや、あまりにも斜め上を行く回答だったもので(笑)。

好きなポイントは「あの包み込むようなお母さん感がたまらない、大好物」と回答。包容力のある大人に憧れてるようです。じゅうぶん廣瀬くんも包容力ある素敵な男性だと思うけどな。

「ま、女装になると思いますがww」

と最後は苦笑いでしたw。

古川くんも「乳母」やりたいそうですが、もう一人の候補は「ロレンス神父」
二人とも作品の中ではすごいキーマンになっているので、そういう立場の役を演じてみたいという想いがあるそうです。

すると廣瀬くんが「ゆんは神父やるとしたらアロマじゃなくてパンケーキになるよね」とツッコミw。「そうだね~」と古川くんがニコニコしてると平間くんが「クレープじゃなかったの!?」とまたまたツッコミ入れてきてww、悩んだ結果、

「生クリームを美味しく食べるという点ではクレープ」

ってことに落ち着いてました(笑)。しかし、これを横で聞いていた木村くんがボソっと

「僕、生クリーム食べれないんです・・・」

とカミングアウトw。これを聞いた古川くんが「あんな美味い物食べられないなんて…!」とけっこうガチでドン引き(笑)。彼の生クリーム愛は相当深いと見たww。
だいたいの甘いものには生クリームは付き物じゃないってみんながザワザワしだして、「なんで食べられないの?」みたいな空気に。それに対する木村くんの弁解は・・・

「以前は好きだったけど、ある時インフルエンザにかかった状態でおばあちゃんの誕生日のケーキを食べたらリバースしまくってそこからトラウマになったんですよ」

とのこと。あーーー、そういうのってあるよね!私もお寿司がそうだったので(食べられるようになるまで7-8年かかったw)気持ちわかるわーーー。
しかし、生クリーム愛好家の古川くんにはその話は全く響かなかったようでw

「それは生クリームが嫌いなんじゃなくて、インフルエンザが嫌いなんだよ!」

と指摘(笑)。まぁ、そう取るよね、好きだったらw。これには木村くんも「あ、そ、そうですね」と苦笑いしながら納得するしかありませんでしたww。が、木村くんの生クリーム苦手克服はたぶん当分できなさそうな気がするww。

この「生クリーム騒動」のおかげで、木村くんのやってみたい役は時間オーバーで聞かれないまま終わってしまいましたw。なんだったんだろう?

スポンサーリンク

最後にひとこと

廣瀬くん
大阪公演も残り少なくなってきました。今日はDVD収録も入っていて特別な日になっていましたが、どの公演も心を込めてみんな頑張っているので、最後まで誰も欠けることなく楽を迎えられたらいいなと思ってます。応援よろしくお願いします。

平間くん
大人になるにつれて子供の心を忘れがちになってる今日この頃ですが、そんな時はロミジュリで描かれる愛を思い出して明るい未来を感じてくれたらうれしいです。

木村くん
まだ公演が続いているので、その中でもっと成長していきたいし、新しい発見もたくさんしていきたいと思ってます。時間がある方はまた来てください。

古川くん
毎公演全力で皆様にお届けしようと頑張っていますが、この作品から何か一つでもメッセージを受け取っていただければ嬉しいです。そのために命懸けで舞台に立ちたいと思うのでこれからもよろしくお願いします。

挨拶を終えて各々舞台袖に入っていくとき、何か一言ずつ「気を付けて帰ってくださいね~」とか言ってくれてたんですが、その中で木村くんが思い切って・・・

「たこやきぃぃ~~~!!」(どんだけぇ~~~的ニュアンスwww)

ってやってくれて思わず吹いた(笑)。いやぁ~~、木村くん、そんなヤンチャな可愛いところ、好きだよ!けっこうファンになっちゃった。
これを後ろで見ていた廣瀬くんも何か爪痕を残そうと口を開きかけていましたが・・・結局何も出てこないまま苦笑いして袖に帰っていきました(笑)。そんな廣瀬くんも好きだよw!

 

ということで、これにてトークショーは終了です。なかなか濃い話が聴けて楽しかった。例によってコメントはだいたいのニュアンスでだいぶ脚色してますw。

おそらくDVDに入ると思うので(収録してた)、気になる方はぜひ購入を検討してみてください。私も相当気持ちが揺らいでますww。

ロミジュリはあと1回、200回記念公演を観劇する予定になっています。どんな公演になるのかとても楽しみ♪