ミュージカル『ミス・サイゴン』2008.08.07マチネ

 いよいよ8月に入ったわけですが、今月から怒涛の観劇ウイークに突入します。その第一弾が『ミス・サイゴン』マチソワ(爆)。ついにやっちまいました・・・マチソワ(昼と夜の連続観劇)。ほぼ丸一日涼しい劇場で過ごせたので家の冷房代は節約できたかも!?

まずマチネはA席ながらも1階席のかなり中央部分でとても見やすかったですね。ただ、ふとその後ろを見回してみるとかなり空席が目立っててビックリしました。前回観た時はほぼ客席全体が埋まっているような感じだったんですが・・・やはりキャストによってバラつきがでてるみたいですね。

ロビーもけっこう空いてたので(苦笑)、ここぞとばかりにキャストの皆さんの色紙をデジカメで撮影しまくりました。じっくり見たんですけど、皆さん本当に個性的で面白い!2階席も貼ってありますので今度行かれる方はぜひじっくり読んでみてください。

で、終演後も色紙撮影したりしてて、ようやく満足して帰ろうとしたらアンサンブルキャストの皆さんがズラッと入り口に並んでてビックリ(笑)。気がついた時にはほとんど人がいなかったので皆さんの目が私に注がれててかなり気恥ずかしかったんですが(汗)嬉しかったです。話しかけられればいいんだけど、まだアンサンブルキャストの皆さんのお顔を覚えてなくて・・・。ちょっとチェックしてみようかな。

マチネの感想ですが、前回観た時とまた雰囲気が違ってなかなか興味深かったです。筧さん、原田くん、サカケンさん、神田くんと、なんだかカワイイ人揃いって印象だったかな(笑)。ただ、この回の客席の反応はけっこう薄かったのが意外。私はあまり観劇中に拍手しない派なんですが、やはり拍手が起こるタイミングのナンバー後にシーンとしてると寂しいものがあります。

カーテンコールは盛り上がってましたが、最後のほうは塩田さんが煽りに煽って・・・みたいな感じだったのでけっこう複雑な心境に(苦笑)。あれはちょっとやりすぎかも!?半ば無理やりちっくに拍手を強制するっていうのもねぇ。

主なキャスト
エンジニア:筧利夫、キム:知念里奈、クリス:原田優一、ジョン:坂元健児、エレン:浅野実奈子、トゥイ:神田恭兵、ジジ:池谷祐子 ほか

以下、ネタバレありきのキャストの感想になります。

スポンサーリンク

筧利夫さん(エンジニア)

なんか4年前よりも歌がうまくなってるなぁと思いました。筧さん独特のユーモアも出てたし、動きも軽やかで楽しかったですよ。ただ、お笑い系の小ネタを増やすよりかはアクの強さがさらに出るともっと魅力的なエンジニアになるかも。

最初のうちは客席の反応がちょっと薄くて「頑張ってるのに気の毒だなぁ」と思っちゃうところもあったのですが(苦笑)、後半からはけっこうノってきて客席の反応も出てくるようになってました。一番ウケてたのは2幕冒頭の登場シーンだったかな。「髪の毛切りました」ってやつ(笑)。1幕のサイゴン陥落してから3年後に舞台が移った時、ジーザスばりのロン毛で出てきてビビったのですが、おかげで2幕のあのセリフが生きてました(笑)。

一番印象的だったのが「アメリカンドリーム」で自分の生い立ちを語るシーン。自虐的でちょっとダークな雰囲気が逆に哀愁を感じさせてすごく良かったと思います。筧さんはもう1回見る予定なので次も楽しみです。

知念里奈さん(キム)

4年前もキムを演じていた知念さんですが、あのときと変わったのはご自分にも子供ができたことですよね。今回4人のキムのなかで唯一本物の母親でもあるので役作りの変化がとても楽しみでした。やはりタムが登場したあたりからの母性の強さはとても印象的でした。母親の慈愛に満ちてた!「命をあげよう」のナンバーを歌っている時の表情もすごくよかったのですが・・・

ただ、想いが強すぎてしまったのか、一番クライマックスのいいところでガナるような歌い方になっちゃったのが残念!あの瞬間、ものすごく雑な印象を持ってしまったんです。もったいない。知念さんの歌い方はどちらかというと地声を使っている印象があるのでたまに粗さも目立ってしまうんですよね…。

全体の印象としては、かなり強い女性としてキムを演じているなと思いました。クリスがいなくても知念キムは生きていけるんじゃないかみたいな(笑)。子供への愛情はものすごく深いのに、クリスやトゥイに対してはちょっとキツイ感じだったかも。もしも泉見くんのトゥイとのクライマックスだったらかなりスゴイことになってるのかも!?(←それこそ流血騒ぎ 笑)好みは分かれると思うんですけど、私はちょっと苦手なキムだったかも。

スポンサーリンク

原田優一くん(クリス)

最近ずいぶん大人な役柄が増えた原田くん。ついにクリスに抜擢です。まずは歌声ですが・・・ものすごくきれい!「神よ、なぜ」のナンバーでの声の伸びは本当に素晴らしかったです。最初はけっこう歌いあげ系の演技をするのかなと思っていたのですが、このナンバーのときもそのあともセリフを重視した芝居をしていたのがとても印象的でした。原田くんのクリスのイメージは・・・お坊ちゃまタイプ。しかもかなり打たれ弱い青年って感じだったかも。その繊細さが彼を後々苦しめているんだろうなと思いましたね。

2幕の悪夢シーンでのキムとの別れ。あそこはものすごく胸にくるんですが・・・原田クリスの悲痛な叫びはもう本当に痛々しくて思わず落涙してしまいました(涙)。まだちょっとボンヤリしたような部分がありますすが、回数を重ねていくうちに進化していくんじゃないかな。今後が楽しみです。

坂元健児さん(ジョン)

4年前は1か月しかやらなかったサカケンさんのジョンですが、今回はピンなのでかなり気合入ってましたね。懐かしかったです、坂元ジョン!声の伸びは相変わらず安定感ばっちりだし、歌声も聞き取りやすい。注目したのはクリスがジョンにキムとのことを電話で知らせる場面。岡さんは「ハス!?」とものすごい奇声をあげてましたが(笑)、サカケンさんは「何を言ってるんだ!」と机をバシッと叩いて手が痛くなってました(笑)。いやぁ・・・「らしい」なと(笑)。その仕草がものすごく可愛かった。

「ブイ・ドイ」の歌声も素晴らしかったのですが・・・・ちょっと動きすぎかも(汗)。クライマックス部分は舞台の端から端まで行ったり来たりの大熱弁でちょっと笑ってしまった。あそこまで興奮しなくても、もう少し抑えてもよかったかも?まぁ、そんな熱さもサカケンさんらしいんですけどね。

スポンサーリンク

浅野実奈子さん(エレン)

やわらかくてとても優しいイメージでした。繊細な原田クリスとの相性もすごく良かったかも。それにけっこうナイスバディ(笑)。1幕で悪夢にうなされるクリスを慰めるシーンはちょっとドキッとしてしまった。知念キムとの対立シーンで、キムがクリスをまだ愛していると悟った時の表情がとてもよかったと思います。歌声も包み込むような感じで素敵でした。

神田恭兵くん(トゥイ)

泉見くん以外のトゥイがどんな感じなのかとても興味があったので今回のチケットを入手。その第一陣が神田くん。ビジュアル的にはかなり私好みのトゥイでした。可愛い(笑)。

トゥイは一途な反面キレると恐ろしいキャラクターなのですが、神田くんのトゥイはどちらかというとちょっと感情を抑え気味だったかな(泉見くんが濃すぎるというのもありますが 笑)。湧き上がる感情をどこかで抑えようとしている自分もいるみたいな感じ。そんな神田トゥイがタムを見せられた時に見せた絶望に打ちひしがれる表情がとても印象的でよかったです!もう全身から魂が抜けてくような感じだった。

まだちょっと役作り途中といった印象もありましたが、これからどんどん良くなっていくのではないでしょうか。ただ、ソワレで洋平くんのトゥイを見てしまったのでちょっと薄く感じてしまうというのはありましたけどね(苦笑)。

池谷祐子さん(ジジ)

ジジは大きな見せ場が冒頭しかないので、正直あまり印象には残らないんですが(爆)・・・池谷さんのジジも哀愁がにじみ出ててよかったと思います。ミス・サイゴンに相応しくきれいで迫力ある女性でした。