ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』2009.07.08マチネ

3年前大熱狂したミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』がついに今年再演!!というわけで、初日が明けてまだ間もない舞踏会へ行ってまいりました~。

初演が開幕した当初は賛否両論でなかなか集客にも繋がらなかったミュージカルなのですが、私のように最初からテンション上げてた熱心なブロガーさんの口コミや公式ブログ(別名・リー君ブログw)の充実ぶり、さらに途中から始まった駒田@クコール劇場などにより徐々に人気拡大、千秋楽が近づいた頃にはチケット完売という快挙を成し遂げた伝説的作品です。

 再演は難しいのではないかという噂が当初ちらほら聞かれていたので、今回のTDV開幕は本当に嬉しい限り!まさに待ちに待った再演でございました。そういえば7/8って・・・私が3年前に初めてヴァンパイアウィルスに感染した日と同じだぁ・・・。なんだか運命を感じる(笑)。

今年の帝劇ロビーもヴァンパイア色で楽しませてくれてます!


このように、リー君も元気に飛び回ってますよ~。1階ロビーに5匹くらいいたかも(笑)。初演のときよりも増えてる!?リー子ちゃんは発見できず。


今回もグッズがかなり充実していました。初演のときに手に入らなかったリー君ストラップは今回無事にゲット!それから2枚一組になったクリアファイルもすごく可愛かったのでお買い上げ。リー君バージョンとクコちゃんの影があるやつの2種類です。他にもニンニクつきのキーホルダーとかTシャツとか、ニンニクせんべいとか(笑)それはそれは華やかでございました。


ロビーの柱には今年もキャストの写真が展示されてます。この日のサラは大塚ちひろちゃん、アルフレートは泉見洋平くんです。この写真の泉見アルフはかなりパーマが効いてますが(笑)実際はもっと自然な感じでとっても可愛いのです♪

さて、初演では6回も通ってしまったTDVだったんですが・・・今年はなんと、この日と前楽のみしか確保しておりません(涙)。本当なら初演以上通いたい気持ちがあるんですが・・・不景気には勝てませんでした(汗)。今回の座席もS席は断念してA席・・・ですが、前に通路があるA席だったのでけっこう美味しいシーンが多くて楽しかったです。

以下、ネタバレ含んだキャスト感想等になります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009.07.08マチネ in 帝国劇場

主なキャスト
クロロック伯爵:山口祐一郎、アブロンシウス教授:石川禅、サラ:大塚ちひろ、アルフレート:泉見洋平、シャガール:安崎求、レベッカ:阿知波悟美、マグダ:シルビア・グラブ、ヘルベルト:吉野圭吾、クコール:駒田一 ほか

私がこの作品に猛烈に惹かれる理由のひとつが音楽です!モロ私好みの曲が多いんですよ。

お気に入りナンバーは・・・・ニンニク、お前を招待しよう、夜を感じろ、抑えがたい欲望、舞踏の間、フィナーレ

特に血が逆流するくらい興奮するのが2幕始まってすぐの8分強のナンバー『夜を感じろ』クライマックスの『フィナーレ』です。これは本当に自分が舞台の上で一緒に動きたくなるような衝動を覚えるんですよ(笑)。
ちなみに『フィナーレ』は『今夜はエンジェル』(by椎名恵)の楽曲。ハイ、大映ドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌です(笑)。もちろん歌詞は違うんですが、これが流れただけで本当に踊りたくなる衝動に駆られますよ~。

と思ったら、吉野ヘルちゃんご指導のもと・・・カーテンコールのフィナーレで客席も一緒に振り付けで楽しめるようになってました(笑)。ヴァンパイアウィルスに完全に感染してる私は一人でも振りつきで乗っちゃいました。途中でヴァンパイアダンサーの皆さんも客席に降りてきて一緒にアクションしてくれるので本当に楽しかったです。

その光景を見た吉野ヘルちゃんからは「上手よぉ~♪」というお褒めのコメントが。なんか舞台上の役者さんも客席もみんなで参加してるっていう一体感がすごく心地よかった。だから好きなんだよ、ダンスオブヴァンパイアっっ!

スポンサーリンク

A席通路列での観劇だったんですが、実はここはかなり美味しい席。演出で役者さんがけっこう客席に下りてくるんですが、場所によってはすぐ近くを通るんですよ。今回はクコちゃんが出入りするのとか大塚@サラが走り去るのとか洋平@アルフが逃げてくるのとか・・・ものすごく近くで体感しました。

一番印象的だったのがちひろちゃん。ものすごくいい香りがした(笑)。
それから、ヴァンパイアさんたちが目の前を通るのもこの席の魅力のひとつ。特にヴァンパイア版水戸黄門と初演のときに言われていたナンバー(笑)『永遠』のラストに客席を脅しながら降りてくるヴァンパイアさんたちを間近に見れるのは圧巻ですよ。あのメイクでガーっと来られると・・・・怖いけど楽しくてなんか笑っちゃいました(笑)。ちなみに指十字をすると反応してくれるヴァンパイアさんもいるとかいないとか!?
 ダンス・オブ・ヴァンパイアのもうひとつのお楽しみが休憩時間冒頭に開幕する(笑)クコール劇場です。一幕のクライマックスではかなりの紙吹雪が舞台上に落ちるので、それをクコちゃんがうちわを持ってお掃除しにくるわけです。
これ、初演の最初のころはやってなかったんですが、駒田さんが試しに出て行って掃除してみると思いのほか大ウケしてそれ以来の恒例になったんだとか。今年は客席で見守ってるディープなファンとの会話のキャッチボールがさらに盛んになっていたように感じまた。
 というわけで、私が見に行った回のクコちゃん劇場は・・・お掃除と会話を楽しんだ後・・・『真っ赤』シリーズを歌ってました(笑)。劇中歌より『♪真っ赤に流れる血がほしい~』、童謡より『♪真っ赤だな~真っ赤だな~』、大物歌手の『♪真っ赤に燃ぉえたぁ~太陽だから~』、最後は『♪レットイットビー~レリビー♪』で・・・なんでビートルズ?と思ってたら“ポール・真っ赤ートニー”だったようです(笑)。
 今年も楽しませてくれてありがとう、クコちゃん♪
それにしても・・・どのシーンも本当に懐かしかったなぁ~。セットも初演より少し豪華になった感じ。特にクロロック城のお風呂が大変豪勢になっておりました(笑)。
演出的にはあまり大きな変化はなかったように思うのですが、2幕の教授とアルフの霊廟シーンで教授が台から落ちそうになるっていうのが動く手すりに掴まるって感じになってました。やはり落ちそうになるには禅さんだと体格が大きいので危険だと判断されたんでしょうか!?手すりに掴まるのもかなり大変そうでしたけど(汗)。

以下、主なキャストの感想です。

スポンサーリンク

クロロック伯爵@山口祐一郎さん

私は祐一郎さんのお芝居があまり好きではないんですが・・・このTDVの伯爵だけは別です(笑)。ヴァンパイアは人間じゃないですし、動きもあまりないので存在感の大きさがいい感じでこの作品に生きています。まぁ、動いちゃうとやっぱり気になりはするんですけどね・・・あのロボット的な手の動きとか(爆)。
歌はかなり好調だと思います。特に1幕フィナーレと『抑えがたい欲望』のナンバーは声がよく伸びてて客席からの拍手がやみませんでした。このまま持続していただきたいですね。
ただ、『お前を招待しよう』のスタッカート部分がなんとなく不自然に聞こえたのは気のせい!?あのフレーズとか旋律とかすごく好きなんですけどね。ちょっと違和感覚えたかも!?
そういえば・・・カツラが変わりましたかね。なんか、初演よりも老けて見えたのは気のせい?(←なんか感想こればっかり 爆)
アブロンシウス教授@石川禅さん
最初に教授役が禅さんに決まったと知ったときは正直驚きました。今までの禅さんのレパートリーにはなかったんじゃないでしょうか、こういうコミカルな役柄。市村さんの教授がモロはまり役だったので
正直禅さん大丈夫だろうか・・・と思ったんですが、ふたを開けてみればなかなか魅力的な可愛いアブロンシウスさんでしたよ~。やっぱりお芝居がうまい禅さんですからね、そのあたりはさすがです。
市村さんよりも理性的で几帳面な・・・ちょっとスマートな紳士っぽい感じだったかな。とにかく外見がものすごく可愛かった(笑)。歌声は老人系ではなくてけっこう張りのある芯の通った声。外見と中身のバランスが違うキャラクターを作られているようです。
 ただ、なにぶん、初演の市村さんの印象が強烈に頭にこびりついていたので・・・やっぱりなんとなく物足りなさも感じてしまいました。コミカルなシーンもけっこう真面目に演じている部分が多かったので、もう少し遊びがほしいかなぁ。すごく頑張ってるのは伝わってくるんですが、まだ初日が開けたばかりだったので試行錯誤しているのかもしれません。禅さんならもっともっと面白い役作りができるはず!それを見届けるためにも・・・やっぱりもう1回は確実に追加したいかも。
そういえば、2幕、目覚めた後の教授はずっとメガネなしでした。これってトラブル?なんか「めがねなくなっちゃった」みたいなアドリブっぽい台詞も聞こえてきたんですが(笑)。
スポンサーリンク

サラ@大塚ちろちゃん

先日観た「この森で天使はバスを降りた」でのパーシー役がものすごくよかったちひろちゃん、サラ役になってもその魅力は全開!初演よりも確実にサラになってるように見えました。いやはや、本当に可愛かったよ~。アルフレートが一目ぼれしてしまうのがすごくよく分かる。小悪魔っぽさにも磨きがかかり、アルフの空回り度がさらに目立つようになってました(笑)。
 一番印象的だったのは2幕クライマックスでアルフに噛み付く機会を狙ってるときの表情。あれは小悪魔ではなく、完全にヴァンパイアでしたよ(笑)。そういったメリハリのある表情がとてもよかったです。やっぱりちひろ@サラが大好き。
アルフレート@泉見洋平くん
再演の泉見@アルフは可愛さがさらにパワーアップしてまして・・・それはそれはもう、終始萌えっぱなしでございました(笑)。客席から「プロフェッサ~・・・」と不安げに登場するときの動きや声がとにかく可愛い!教授がいないと何もできないみたいなヘタレ具合が確実に初演よりもアップしてます。
そしてサラへの煩悩ですが・・・もうサラ以外はなにも見えないってくらいにのぼせてますね、泉見アルフ(笑)。特に印象的だったのがお風呂でサラに誘惑されるシーン。めちゃめちゃ、ウブです(笑)。記事には書けないようなリアクションにはかなり笑えました。ぜひ劇場にてお確かめを(笑)。
 そして一番グッときたのは「サラへ」のナンバー。これ、初演でもかなり感動したんですが・・・再演ではさらにサラへの愛情が深くなってるように見えました。このナンバーの前にアルフはサラに拒絶されてしまうんですか・・・そのショックをすごく引きずってて・・・歌い出しがもう今にも泣きそうになってて、思わず慰めてあげたくなるくらい切ない表情してたんですよ(涙)。このあたりの感情表現とかもかなり進化してます、洋平くん!
 クライマックスてサラに噛まれた後のヴァンパイア@アルフな洋平くんは今でのヘタレが嘘みたいにカッコいいっすよ!あの洋平くんを見るために通いたくなるくらい(笑)。あぁ、やっぱりチケット追加したい。

シャガール@安崎求さん&レベッカ@阿知波悟美さん

この再演からシャガールが安崎さんに変わりましたが・・・初演の佐藤さんとはずいぶん雰囲気が違いますねぇ。歌声がさすがきれいだし、それにイケメンです(笑)。阿知波@レベッカがダンナ一筋みたいになってるのがすごく分かる気がした(笑)。安崎さんも回数をこなしていくうちにさらにコミカルなシャガールになっていくんじやないかな。その変化も見てみたい。

スポンサーリンク

マグダ@シルビア・グラブさん

マグダもこの再演から新キャストになりました。セクスィ~度からいうと初演の宮本さんのほうがあったように思えるのですが、歌声の力強さ・安定感はやっぱりシルビアさんのほうがいいですね。シルビア@マグダはセクスィ~というよりも、キュートって感じ。あの「ニンニク」のナンバーでいたずらしてくるシャガールに文句つけてるシーンでの睨んだ顔がすごく可愛かった。他のシーンでもすごくいい表情してたのでこの役はシルビアさんに合ってるかも。

ヘルベルト@吉野圭吾さん

今年も裏切りませんっっ!吉野ヘルちゃん(笑)。もう登場したときから妖しさ爆発ですよ~。まずは教授とアルフの荷物を持とうとするシーン、いったんカバンを持とうとしてるんですが・・・どうやら箸より重いものを持てないらしく(笑)結局ベルボーイの役割を放棄して妖しい笑みを浮かべておりました。

さらに2幕のお風呂シーン、なんか・・・ヘルちゃん、初演よりもスケスケ度がアップしてないか!?私の隣に座っていた初見と思われるおばさまは思わず手で顔を覆ってましたよ(爆)。それにしても、あの衣装は、素晴らしいダンサー筋肉を持っている吉野さんだからこそ着こなせるんですよねぇ。特にあのお尻から太ももにかけての筋肉は芸術的です!あれなら黒のTバックも履きこなせる(笑)。
リアクションも進化してましたよ~。三段跳びに側転・・・目のやり場に困るような見せ場満載です(爆)。ヘルちゃん&アルフの魅惑のダンスシーンも笑えますし・・・いやぁ、今年も最高です。
 それから、教授に十字架で撃退されるシーンも面白かったなぁ。教授の指十字を見て手で顔を覆いながら「目をつぶっていれば大丈夫」と襲ってくるんですが、それに対して教授が「見えてるよ」と指摘すると妙なリアクション(爆)をして目を開けてしまい「人間は嘘つきだぁぁぁ」と泣きながら退散していきました(笑)。これ、公演が終わる頃にはどうなってるんだろうか(笑)。

クコール@駒田一さん

クコちゃん劇場で楽しませてくれるおかげで、初演よりもずっと高感度が上がっている駒田さんのクコール。クコールってこの作品の中で唯一歌わないキャラなんですけど、存在感がすごいんですよ。シャガールにろうそくをせがんでいるときとか、クロロック城で伯爵にじゃれてるところとか・・・外見に似合わずとにかく可愛い!なでなでしてあげたくなるくらい、可愛い駒田@クコちゃんなのです。
さらに2幕、教授とアルフのために窓を開けて紅茶をよういしているクコちゃんなのですが、アルフは「サラが用意してくれた」と勘違い。それに対して「これ用意したのボク」とリアクションしてるのがめちゃめちゃ可愛いんですよ(笑)。初演よりも大好きなキャラになったかも。
そんなクコちゃんの最期は・・・泣けますよ~!この作品唯一の泣き所がクコちゃんの最期です(涙)。

 四季を退団した蔡さんもキレのある素敵なダンスを披露してくれてました。この作品はダンスも魅力のひとつですからね。

あぁ~・・・やっぱり、なんとしてもあと1回は最低追加したい。浦井君のアルフも興味あるし。
今年もしっかりヴァンパイアウィルスに感染してる私です(笑)。