『ジャージー・ボーイズ イン コンサート 』ストリーミング配信 2020.07.18初日

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』コンサートバージョンのストリーミング配信初日を観劇しました。

本来は本公演が東京と大阪で上演される予定になっていましたが、新型コロナ禍の影響で無念の中止に追い込まれることに。私も大阪公演のチケットを購入する気満々でいたので、今のご時世では仕方がないことと思いながらも 相当ガックリ来てしまいました…。

しかし、コンサートバージョンとして上演されることが決定。ずっと休館状態だった帝国劇場の復帰第1作目に選ばれることに。正直、東京のみの公演と知った時には絶望した気持ちにさせられましたが、配信ありの公演になったことで観ることができました。

これでストリーミング観劇は5作目。正直、うちのパソコンからの音声は舞台のものに比べると天と地の差があるくらい劣るんですが(苦笑)、それでもやっぱり生のその瞬間に立ち会いたいという気持ちのほうが強い。
それにしても、私の興味のある作品はどれを見ても「東京」オンリー状態。いつまでこんな状況が続くんだろうか…。配信も全公演やってるわけじゃないので時間が合わなければ観れません。さすがにちょっと、気持ちが折れてきました。せめて、東京オンリーは全部配信ありにしていただきたい(最近愚痴多めですみません…)。

今回のJBコンサートはお客さんを入れての帝劇復帰作のはずだったのですが、直前に事情が変わり3日間は無観客公演ということになってしまいました。東京は感染者も多くどんなに注意していても危険と隣り合わせだと聞きます…。どうか、再び健康な体に戻られることを祈るばかりです。あと、差別的なこともありませんように(これが一番怖いこと)!!

ということで、JBコンの初日は”無観客”という状態で開幕することになりました。

以下、ネタバレを含んだ感想になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ジャージー・ボーイズ イン コンサート』Streaming+

2020年07月18日(土)ソワレ<初日> 18時30分~ 帝国劇場より生配信 

演出:藤田俊太郎

出演者:

  • フランキー:中川晃教
  • トミー:藤岡正明・尾上右近
  • ボブ:矢崎広・東啓介
  • ニック:Spi・大山真志

コーラス等:畠中洋加藤潤一法月康平綿引さやか小此木まり遠藤瑠美子白石拓也山野靖博大音智海若松渓太

あらすじ:

ニュージャージー州の貧しい片田舎。
“天使の歌声”を持つフランキーは、成功を夢見る兄貴分のトミー、ニックのバンドグループ迎え入れられる。

鳴かず飛ばずの日々が続く中、作曲の才能溢れるボブが加入。
過酷な下積み生活を経て、ついにボブの楽曲と4人のハーモニーが認められる。
彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」としてレコード会社と契約し、《Sherry》をはじめとする全米ナンバー1の楽曲を次々に生み出してゆく。

しかし輝かしい活躍の裏では、莫大な借金やグループ内の確執、家族の不仲など、様々な問題に直面していた。それらはやがて大きな軋轢となり、グループを引き裂いてゆく。

成功と挫折、その先で彼らが見たものとは―。

<公式HPより引用>

今回は本番が始まる30分前から放送がスタート。過去の本公演映像や歌、各キャストへのインタビュー映像が流れてなんだかちょっと得した気分に。さらに、開演5分ちょっと前には演出の藤田俊太郎さんのミニインタビューもありました。これは配信ならではのお楽しみだったりします。
特に、藤田さんが帝劇の扉を開けて中に入って行くところで生映像に切り替わる演出は胸が熱くなりました。

帝劇の客席にはお客さんは一人もいません。でもその代わりに、事前に募集していたファンからのメッセージが背もたれ部分に貼られていて…なんかその光景見ただけでもまたまた目頭熱くなってしまった。

その中には、歴代JBファミリーのキャストのものもいくつか!JBを愛する皆がこの瞬間を待ちわびていたんだというのが伝わってきてホント胸熱でした。

スポンサーリンク

帝劇の復活公演初日ということもあり、冒頭でアッキーが配信観劇のファンに向かって生挨拶。お客さんを迎えての初日を迎えられなかった無念も滲ませつつ、「見てくれている皆さん一人一人に届くように歌う」と力強いコメントを残してくれました。

で、そのあとにスイッチオンで開演直前アナウンスを流す映像まで流してくれて!あれはなかなか見られない貴重なやつ!いろんな臨場感が伝わってきました。ちなみに、流れたアッキーの直前アナウンスは”お客さんを入れた状態前提”でのものになってます。

さて、JBコンサートですが…2年前の2018年5月に渋谷の東急オーブにて一度上演されていて、私も当時遠征して観に行きました。

あの時は2日間4公演限定というかなりのプレミアものだった。自分でもよくチケット取れたなと思いますw。 その時は秋に上演される本公演のプロローグ的な意味合いが強かったわけですが、今回はその逆パターンみたいになりましたね。

もともとJBはシアタークリエで上演がスタートした作品で、どちらかというと中劇場向けというイメージが強かった。大阪では新歌舞伎座で上演されていましたが、こちらも舞台と客席が比較的近い印象のある劇場です。

なので、一番最初に「帝劇進出」という話を聞いた時にはちょっと違和感がありました。大きい劇場だとJBという作品の価値が少し変わってしまうんじゃないかな…みたいな。でも、逆に”フォーシーズンズ”という型破りな4人組の彼らには相応しい舞台なのかもしれないとも思えたり。破天荒な彼らなら、大劇場でもブレイクするはずという確信めいた気持ちもありました。

アッキーはインタビューのなかで「オフ(ブロードウェイ)からオン(ブロードウェイ)に移った感覚」って話してたし、同じく初演から出演してる藤岡君や矢崎君も「お客さんが帝劇まで連れていってくれた」といった趣旨のコメントを残しています。
彼らにとっても、帝劇で『ジャージーボーイズ』を演じるというのはとても特別なことだったんじゃないかなと思いました。

本公演では休憩時間が設けられますが、コンサートバージョンは約2時間ノンストップでの上演です。今回は違う役のパートを歌うキャストが多かったのも楽しかったです。

スポンサーリンク

構成はだいたい2年前と同じだったかな。おそらく曲も変わっていないと思うので、曲目リストは2年前の記事を参照してみてください。違いといえば、冒頭のゆるゆるトークがなかったっていうくらい(笑)。でも、あの時の倍は泣いた…!!なんかもう、色々とこみ上げまくってしまって要所要所で涙が止まりませんでした。

まず、オープニングの♪December 1963(Oh, What A Night)♪でキャスト一人一人にライトが当たっていく演出。それぞれ個性豊かな表情を見せてくれるキャストの皆さん…っていうか、フランキーが、トミーが、ボブが、ニックが、帝劇のステージに立ってるっ!!っていう感動の気持ちでいっぱいになって、気が付いたら落涙(涙)。のっけからみんな全力で見えないお客さんに向かって前にむけて歌っているっていうのが痛いほど伝わってきました。
冒頭からこんなに感極まるとは思わなかった。もしかしたら思っていた以上に、JBのことを愛しているのかもしれない。

JBは構成的に「起(春)・承(夏)・転(秋)・結(冬)」の4つに区分が分かれています。コンサートではそれぞれのシーズンごとに語るキャストが入れ替わるというシステム。

まず「春」を担当するのがトミー。JBの誕生を語ります。トミーがフランキーを見出してメンバーに入れたことでバンドとしての運命が大きく動き出すことから彼がトップバッターを務めることになっていたんじゃないかなと。

今回のトミーは藤岡くん右近くん。両キャストが均等に映るよう映像も工夫されていて面白かったです。
特にお互い顔を合わせながら「俺がトミーだ!!」と言い争うシーンは本編では絶対に観れないコンサートならではの演出(笑)。ドスの利き方としては藤岡くんのほうに軍配だったかなって思ったけど、右近くんもかなり健闘してガン飛ばしまくってましたww。

藤岡くんはもう、トミーを演じるのが楽しくて仕方ないっていうのがビンビン伝わりますねw。もともとキャラ的には「不良」で一番の問題児といった役柄なのですが、今回のコンサートにはさらにそれに磨きがかかり、イケイケグイグイの肉食度がパワーアップしててまさに「お近づきになりたくない人」オーラが漂っていました(笑)。

特に若き日のジョー・ペシに対する怒鳴りっぷりは今までで一番だったかも。ちょっとジョーが調子に乗って「~してあげようか」みたいな発言をしたとき、その言動に自尊心を傷つけられたトミーが「セッティングはおれがするんだよ!!」と大声で怒鳴りつけるシーンがあります。
その怒鳴りっぷりがもう、893に近い恫喝っぷりで私もビビっちゃったよwww。あれ、今まで観た中で一番「こわっ!!」って思ったかも。それを一身に浴びた若松ジョーがちょっと気の毒だったw。

のっけからカメラに向かって「早く俺を映せって言ってるんだよっ!!」とクレーム入れてくるなどトミーになり切っちゃってて思わず笑ってしまったのですが、時折見せる子供みたいな無邪気な笑顔がキュンっときちゃう不思議!お近づきになりたくない系なのに、それでも彼に引き寄せられてしまう魅力があって…まさにトミーは藤岡くんにとっての当たり役だなぁと改めて思いました。

尾上右近くんは歌舞伎役者でミュージカル(今回はコンサート形式ですが)出演はこれが初めてとのこと。最初にキャスティングを聞いた時にはすごく意外な感じがしましたが、歌舞伎役者さんは歌の上手い人がけっこう多いので(愛之助さんや松也くんなど)どんなトミーになるのか楽しみにしていました。

藤岡くんがちょっと高音系のシンガーだとすると、右近くんは低音系でどこかフワっとした包み込まれるような心地よさを感じさせる歌声でした。なかなかの美声で歌も上手かった!
それゆえ、藤岡トミーのような「棘」は感じることはないのですが、その代わり、何をしでかすか分からないような破天荒キャラが思い浮かびました。インテリっぽいんだけど、実はやらかし系、みたいな感じかな。ニュータイプのトミーが出てきたって思ったかもw。本公演で見てみたかったなぁ~。

スポンサーリンク

フォーシーズンズ全盛期を語るのは、最後に仲間に加わった男、ボブ・ゴーディオ。ボブを演じるのは矢崎くん東くん。二人並んだ映像が映ると、キャラが違うな~っていうのを感じました。似たタイプに見えたのに、並ぶとこんなに個性的な二人なんだっていうのが分かって面白かった。

ボブのシーンで泣けるのは♪Cry for Me♪。本公演で見るたびに不思議といつも涙が出てしまうナンバーなのですが、コンサートバージョンでも沁みました。矢崎くんと東くんの歌声のマッチ度がすごく心地いい!最後の東ボブのクライマックスでの歌いっぷりがが特に甘い歌声でとても感動的でした。
このボブの歌に感動した他のメンバーが彼を仲間に入れることを決断するのです。徐々に出来上がっていく”フォー・シーズンズ”の映像(コンサート版は過去公演の映像がバリバリ出てきます)を眺める二人のシーンも印象的でした。

矢崎くんは初演からボブをずっと演じていますが、本当に見るごとにしっくり馴染んでいく感がハンパないです。ちょっと斜に構えた感じのインテリっていう雰囲気がたまらなくハマってるし余裕を感じました。初演の頃から比べると存在感がすごく増したなと思いました。

それに、歌がすごく巧くなっていきますよね。もともと澄んだいい声をしている矢崎くん、ボブのパートはほぼ完ぺきに近いくらいになっているんじゃないかな。ちょっと高音は苦しそうだけど、それも公演を重ねていったらすぐに克服できそう。

今回初めてJBに参加した東くん。一番最初に彼の舞台を観たときから、見る見るうちに歌唱力が上がっていくのは本当にすごいと思います。今年初めに見たTDVの時からまたさらに甘い歌声に磨きがかかっていて本当に驚きました。とても美しく、そして甘い滑らかな歌声は聴く者を魅了します。

東くんのボブは矢崎くんよりもちょっとトガった雰囲気のあるボブだなって思いました。その分、クールさが前面に出ていて後半にフランキーと手を組もうと言い出す展開にすごい説得力がありました。
でも、曲がヒットしたことに関してはすごく興奮する一面もあったりして。その爆発力がとても面白かったです。トンちゃんのボブも本編で一度見てみたかった。

続きは次のページにて。