【ミュージカル映画】CATS -キャッツ-

日本語吹き替えキャスト感想

ヴィクトリア役の葵わかなさんは、ちょっと臆病でいながら透明感のある歌声が上手くハマっていたと思います。ただちょっと歌い方が平坦かなぁと思える瞬間もあって…それだけが残念だったかも。
彼女は4月に『アナスタシア』のアーニャ役も決まっているので頑張ってほしいところです。

主人公役・葵わかなの切なく美しい歌声披露/映画『キャッツ』新曲「ビューティフル・ゴースト」本編映像
スポンサーリンク

マンカストラップの山崎育三郎くんはかなりハマってたと思います。個人的には『美女と野獣』のビースト吹替よりも好きかもしれない。リーダーとしての力強さや、冷静で頼りがいのある雰囲気も出ていました。
マンカスはビッグナンバーがないので、それはちょっともったいないなと思ったかも。

グリザベラ役の高橋あず美さんは素晴らしい歌声でした。字幕版のジェニファー・ハドソンにも負けてなかったんじゃないかなと思います。切々と情感豊かに歌い上げ♪メモリー♪は感動的でした。

『キャッツ』日本語吹替え版<メモリー>本編映像

バストファジョーンズの吹き替えを担当したロバート秋山さん、歌もなかなか良かったしキャラクター的にも面白かったです。さすが芸人として色んなキャラを演じ分けてるだけあるなと思いました。

ロバート秋山のバストファージョーンズが陽気に歌う! 映画『キャッツ』予告

ミストフェリーズの吹き替えをした森崎ウィンくんは歌も上手いしヘタレな性格をうまく表現しているなと思いました。

スポンサーリンク

ラムタムタガーを担当したのはなんと、official髭男dismでピアノとヴォーカルを担当している藤原聡くんです。私個人的に普段はあまりJPOP聞かなくなってしまったんですが、ヒゲダンの楽曲はすごく好きなんですよ。
いったいどんな吹替をするのか気になっっていたのですが、タガーのロックな歌い方がけっこうハマっててカッコよかったです!役者さんと藤原くんのイメージは全然違うけどw、ちょっとハスキーな歌声は違和感なかったです。

『キャッツ』日本語吹替え版「ザ・ラム・タム・タガー」本編映像

スキンブルシャンクスの吹き替えはミュージカル役者でこの頃テレビドラマなど活躍の場を広げている大貫勇輔くんです。大貫くんはダンサーとしての顔があるので、もしも四季にいたら確実にキャッツに出演していただろうなと思います。イメージとしてはスキンブルよりもミストフェリーズかな、みたいな。
スキンブルは映画の中でも出演時間はそんなに長くないのですが、ビッグナンバーがあります。どちらかというと歌よりもダンスのほうが得意分野の大貫くんということで、おお上手い!って感じではなかったんですがw、リズム感があるし合いの手なんかも自然で面白かったと思います。

『キャッツ』日本語吹替え版「スキンブルシャンクス:ザ・レイルウェイキャット」本編映像
スポンサーリンク

マンゴジェリー役の人はやけに歌が上手いなぁと思って見てたら、宮野真守さんでした。そりゃ上手いはずだ。

ジェニエニドッツ役の浦島りんこさんの豪快な吹替も面白かった(演出は別にしてw)。

映画ではやけに目立ってたマキャヴィティ役は山ちゃんこと山寺宏一さん!七色の声を使い分けることができる声優さんだけあってやっぱり上手い!それだけにキャラクターとしてはもっとカッコよく描いてほしかったなぁ。ラストの往生際の悪さとかはいらなかった気がするんだけどw。

アスパラガスを担当したのは宝田明さん。舞台版では歌で表現されますが映画版では語りっぽい感じ。リアルな枯れた感じが出ていて映像とマッチしてました。

グロールタイガーは山路和弘さん、吹替も歌も最高に巧い役者さんなだけにあれだけな出番が非常にもったいなかったです!

ジュディ・ディンチが演じるオールド・デュトロノミーを吹き替えたのが大竹しのぶさん。大竹さんも歌が上手い方ですが、映画では年老いたおばあさん猫の雰囲気を出すためか、歌よりも語りとして表現しているほうが多かった印象。その声色がかなりリアルだったので、ほんとに大竹さんが演じているのか分からないほどでした。

後述

海外では「ラジー賞」に大量ノミネート(たぶん受賞すると思うw)されるくらい超酷評だった映画版『CATS』。まぁ、それも致し方なしかなとも思いましたが、個人的には言われるほど嫌悪する作品でもなかったなというのが正直なところです。

個人的にキャッツに対してあまり思い入れが深いわけじゃないのも幸いしたのかもw。舞台との違いを比較してみるだけでも結構楽しかったし、吹替キャストのパフォーマンスもよかったと思います。

ただ・・・やっぱり、『CATS』は舞台版を見たほうがいいに越したことはないなと。ダンスの迫力や圧倒的な歌唱力を堪能するのは舞台のほうが上だと思いました。舞台を観に行く機会がなければ舞台版のDVDも発売されているのでそちらを見てもいいんじゃないかなと。

キャッツ【Blu-ray】 [ “サー"ジョン・ミルズ ]
楽天ブックス
¥ 1,100(2021/04/28 19:26時点)

噂によると最初は『ウィキッド』を先に上映する予定だったらしく…私としてはそちらのほうを早く実現してほしかったりしますw。