『THE MUSICAL BOX~Welcome to my home~』ストリーミング配信観劇 プログラムF 2020.08.30

3.You’re Nothing Without Me(『シティ・オブ・エンジェルス』より)

歌:柿澤勇人、田代万里生

2年前に福田雄一さん演出で上演されたミュージカル。山田孝之くんと柿澤勇人くんが主演で話題になりましたが、残念ながら観に行くことが叶いませんでした。このナンバーはミステリー作家のステインと彼の作品に登場する私立探偵のストーンがお互いの自己主張を激しくぶつけ合うシーンで歌われたのだとか。

カッキーと万里生くんが歌の後半でテンションが上がりまくって、万里生くんがソファのクッションを持ち出すとカッキーがソファの背もたれ部分を外して応戦ww。最後は枕投げ状態みたいになってエキサイトしてたのがめっちゃ面白かったですw。

歌い終わった後、カッキーがオタオタしながら背もたれを基の位置に設置しに行く姿が可愛かった(笑)。

スポンサーリンク

トーク

ナンバーが終わって元基くんと禅さんが再び舞台に登場、「シティオブ~』についての話題になりました。この時に万里生くんが「作品には出てないんだけど学生時代にトランペットやってて」って話しだしたところで禅さんが「ちょっと待って!?この前はピアノもやってたよね??」と驚愕しまくりwww。
万里生くんはプログラムAでソロコンした時にピアノを弾いたそうで、禅さんはその時リモートナビやってたんですよね。それだけに、「トランペット」というワードも飛び出したことに驚いたらしい(笑)。

そんな禅さんのツッコミにちょっとビビりながらも「少々やってました」と答える万里生くんw。さらに「バイオリンもやってた」というワードにも食いついた禅さんは思わず言葉を失っちゃっててww万里生くん、反応に困りまくりだったな(笑)。

さらに万里生くんの家には「サウナもある」という話題になり…トークはどんどん華麗なる田代家の世界へww。
元基くんも万里生くんの家に遊びに行ったことがあるらしく、部屋の壁紙が「今日のカッキーのスーツの模様みたいだった」とwww。これにはカッキーも「まじっすか!!!」とビビりまくりw。しかもクローゼットの中の模様も同じだと知るや、万里生くん以外の3人は大興奮(笑)。めくるめく田代家の豪勢さに思いを馳せまくってましたw。

と、万里生くんの豪邸話で花が咲きまくった後、事前にファンから寄せられたという質問コーナーへ移りました。

スポンサーリンク

1.自分の出演作の映像は観ますか?

万里生くんと禅さんは「見る」派
万里生くんは映像だと「後ろの人の動きが分かる」など新たな発見ができるからって語ってました。禅さんは自分の出演作はテレビ放送されたものは録画してしっかり見るそうです。でも万里生くんと違って「自分の芝居を観て反省しまくり3日間くらい寝込む」らしいww。

カッキーと元基くんは「舞台は観ない」派
カッキーはドラマ作品は見返すらしく禅さんと同じように「なんでこんな仕草したんだろう」とか反省するタイプのようです。

映像に関して禅さん曰く「自分の時代は手軽に稽古の動画を撮って研究なんかできない時代だったから、未だに自分の芝居を見返すことに慣れない、そこがジェネレーションギャップなんだよ」と。なるほどねぇ…って思ってたら、元基くんが「もっと僕たちに近づいてきてくださいよ~」と甘え声ww。「逆に君たち近づきすぎなんだよー!」と禅さんアセアセww。特に元基くんに対しては

「タメ口だし」

と鋭いツッコミしてくる禅さんwww。これには万里生くんもカッキーも同調してて「ビックリするときもあるよ~」と笑いまくりww。カッキーなんかは「呼び捨てはできないよね」みたいにイジわるなツッコミもしてくるし(笑)さすがの元基くんも動揺しまくってて可愛かったw。

なんだかんだで、禅さんは元基くんのことめっちゃ可愛がってるなっていうのがすごく伝わって来たよ(笑)。微笑ましかったわ~。

ちなみに、元基くんは映像は「ゲネプロだけは観るかな」ってことでしたが、「僕は寝込まないです」って禅さんに対抗するようにドヤ顔してました(笑)。

スポンサーリンク

2.今まで歌った中で一番難しかった曲は?

カッキーは『フランケンシュタイン』で1幕最後に歌うナンバー。感情も上がってるし音域も広すぎて「死ぬかと思った」らしいです。

万里生くんは『チェス』の冒頭で歌うナンバー。日本語はブレスが難しくて大変だったそうです。役ではフランツ役とのこと。年代ごとの芝居を出すのが難しかったそう。

元基くんは『サンセット大通り』のタイトルナンバー。とにかく拍子をとるのがすごく大変だったとのこと。万里生くんとカッキーも同じ役を経験したことがあるので「分る~」って感じで聞き入ってました。

禅さんは『エリザベート』のフランツの曲全般。特にプログラムDで歌ったシシィとのデュエット曲は最初の一音が同じ旋律でも違うところが難しいとのことでした。

3.初対面の印象は?

禅さんから見て、カッキーは『アリスインワンダーランド』、万里生くんは『エリザベート』、元基くんは『ロミジュリ』初演が初めての出会いだったそう。元基くんが「ロミジュリの時は”おじさん”でしたよね」って振ると禅さんは自分が”おじさん”って呼ばれたのかと思ってビックリww。「役ですよ!!」って言われると安心した様子でしたがちょっとスネてたのが可愛かった(笑)。

禅さんから見たカッキーの印象は「稽古場の隅でずっとメールやってる奴だった」とのことでしたが…これに対してカッキーは「それ僕じゃないと思うんだけど」と反論ww。状況説明を聞いても思い当たる節がないらしかったんだけど・・・じゃあ、禅さんが目撃してた人物は誰だったんだろう(笑)。

元基くんは「メイクを教えた子」(笑)。
『ロミジュリ』の時に演出の小池さんから猛烈にメイクのダメ出しをされた元基くんは「禅さんが上手いから教えてもらえ」と言われて楽屋で指導してもらったことがあるらしい。元基くん曰く「稽古の時は眉毛繋げて書いてた」とwww。そりゃツッコミ入れられるでしょwwww。で、禅さんはというと「なんで俺がこんなきれいな顔のやつのメイク教えなきゃいけないんだ」ってやさぐれた気持ちがあったらしいです(笑)。

万里生くんは「品行方正」って最初に言ってたんだけど、『エリザ』本番で父と息子として対峙するシーンで「フンッ」ってそっぽ向かれたのが可愛かったのを思い出したと笑ってましたww。

ここで時間が無くなったということでw。
配信の人は次の曲が最後になるので一人ずつからあいさつがありました。元基くんが「劇場に来る勇気もあったと思うし配信を見る勇気もあったと思う」って語ってたのが印象的だったな。みんなそれぞれ配信でしか観れない人のこと気遣ってくれたの嬉しかった。

スポンサーリンク

4.一緒に(『アリス・イン・ワンダーランド』より)

歌:石川禅、柿澤勇人、田代万里生、平方元基

4人全員が共演した唯一の作品ってことで『アリス~』からこのナンバーが選ばれました。私も観に行ったことがあったんですけど、ストーリー的にはちょっと合わなかったかも…みたいな作品で(汗)ほとんどナンバー覚えてませんw。

それゆえに、なんだかすごく新鮮に感じられました。特に今この時期に聴くとすごく前向きな気持ちにもさせられますね。禅さんが歌う前に「みんなとこれ歌いたかったんだよ」ってしみじみ語ってたのがすごく印象的でした。

裏トーク

そして配信だけ特別に流れる裏トークの時間。みんなオリジナルのデカ扇子を広げて飛沫防止してたのが可愛かった(笑)。

で、この時に禅さんから「みんなに提案したいんだけど」と言及が。何かと思ったら…

「大千穐楽だし、配信の方たちにプレゼントとして次の曲をこっそり聴かせるとかできないかな」

禅さんーーーーーー(感涙)!!!これ、本当にこの場で急に禅さんが提案してくれてたみたいで。会場限定のアンコール曲を配信の人が聴けずに悔しい想いしてくれてたこと、分かってくれてたんだと思ったら感動しちゃって…。

その場でホリプロの偉い人に確認を取ると見事にOKが出たようで、この日だけ特別にアンコール曲も聴けることになりました。禅さん、ありがとうございましたっ!!!

スポンサーリンク

アンコール:フィナーレB(『RENT』より)

歌:石川禅、柿澤勇人、田代万里生、平方元基

「チャンネルはそのままで」ってことなのでw待っていると、本当に放送を延長してくれてて!!アンコール曲も聴ける体制になってました。

4人で登場すると、禅さんが「最後に何歌う?」と予定調和な質問ww。元基くんはそれに対して「決められるの?」とニマニマww。そんな楽しい雰囲気の中で歌われたのは…

大好きな『RENT』のラストシーンのナンバー♪フィナーレB♪!!!!

オリジナル・サウンドトラック レント - Amazon.co.jp
オリジナル・サウンドトラック レントの通販

この曲紹介聞いた時からもう感極まっちゃって涙が…!!!英語歌詞で歌われるのを生で聴いたのは初めてでしたが、極上の歌声を持つ4人で聴く♪フィナーレB♪は最高に最高に感動的だった(涙)!!

こんな素敵なアンコール曲を特別に聞かせてくれて、本当にありがとうございましたっ!!!

2公演のみの視聴でしたが、とても素敵なひとときを過ごせることができました。禅さん、カッキー、万里生くん、元基くん、本当にありがとうございました!次はなんとか、舞台の上の皆さんに会いに行きたいです。